おなべ好きですか?

海の中では性転換する魚は多いんです。

ベラの仲間には小さいうちはメスで、大きくなるとオスになったりする種がいます。

メスばかり水槽に入れてるとその中で1番大きなベラがオスになったり

オスばかり水槽に入れてるとその中で1番小さなベラがメスに戻ってしまいます。

メスからオスへの話?

…ってそちらの『おなべ』ではなく、



海のはなしは冬のお鍋食材のハギ釣りに毎日出ています。

これはウマヅラハギ。
画像

地元ではウマヅラって呼ばれてます。

水温が下がってしまい鯵は釣れなくなりました。

敏じいと海のはなしは市場で値のいいカワハギを狙ってます。

カワハギ狙いで釣れるウマヅラも十分鍋には美味しい魚です。
ただ、鮮度が落ちると内蔵の臭みがまわるので内臓の処理は早めにしなくてはいけません。

こちらではカワハギは丸ハゲって呼ばれてます。
生意気な長男は「はげがハゲを釣ってる」って・笑

このカワハギはウマヅラほど大きくはなりませんがウマヅラより市場価格は高めです。
先日、スーパーの鮮魚コーナーに並んでた大人の手の平サイズのカワハギ(皮を剥いだ白身のパック)が1匹で500円!
カワハギ1匹で他のおかずが買えるやん!驚

今日は昨日に続きウマヅラハギ・カワハギが結構釣れました。
画像

(餌のパックの長辺は14センチほど)
こちらでは忘年会シーズンになるとハギは鍋に欠かせない具として需要が多くなります。
だからスーパーのカワハギも高くなるのです。
もちろん鍋物だけでなく新鮮なハギは刺身にするととても美味い魚です。
こちらではハギの刺身を注文すると、ふぐ刺しのように薄切りの刺身になって出て来ます。

これも昨日釣れました。
画像

イラ
あまり美味しくない魚で、市場価値もありません。
今日船の活け間(いけま・船の中の設置されてる水槽のような物)で泳いでたこのイラを海へ放流しました。
このイラ、今日も何匹もつれましたが全て海へ返します。


よく似てますがこれも昨日釣れました。
画像

アカアマダイです。
こちらではシロアマダイに続く高級魚。
海のはなし、何年も口にしていません・笑


今日は60センチほどの真鯛も敏じいが釣り上げました。
アカアマダイとこの真鯛は市場へは出荷せずに知り合いへ贈り物にするみたい。


さて、先日実験的(?)に大吾パパへ(←クリックして)肝を付けたままのハギを数匹送らせていただきました。

冬場の冷蔵便のおかげで氷の融けもそれほど無く、心配してた臭みもなかったそうです。

今ならどこへでも送れそうです

「海のはなしです!来週の〇〇日、どなたか家にいらっしゃいますか?」って突然電話が掛かってくるかもね・笑

"おなべ好きですか?" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント