駆け引き…株の急落

少々の事では気落ちしない海のはなしですが、

一昨日~昨日の海のはなしはがっくりと身体に力が入ってませんでした。


最近の海のはなしは、朝(8時半頃)から夕(16時頃)までほぼ毎日釣りへ出ています。

最近はこんな外道も
画像


画像


狙いは鯵です。
画像



画像

これで1匹35センチ


このサイズの鯵をスカリにその日の漁ごとに活かします。

海のはなしの船にはこのスカリが5玉常備されてます。

ひとつのスカリに↑のサイズの鯵が100~150匹入ります。
(スカリ…ちょうちんのような形で、径が1メートル、深さが1.5~2メートルの活かし網)

普通なら釣れた鯵は翌日の朝に出荷するのですが

天候や他の漁師の漁、関西や関東の市場の休み等、

いろいろ計算(駆け引き)しながら出荷調整を個々の漁師がします。


天候が悪く船が出漁出来なくなると、市場への出荷数が減るので魚の競り値は上がります。

大漁の漁師が多いと、翌日は出荷数が多くなるので競り値は下がります。

関西・関東の市場が休みの前日は、そちらへ出荷する仲買人が手を出さないので競り値は下がります。

海のはなしたちは4~5日は普通に出荷調整して市場へ出します。


ですから4~5日は鯵が元気なままにいれる様に、

釣れた鯵は傷をつけないよう、ストレスをかけないように十分気を使います。


釣れた鯵は魚に触れないように針を外してすぐに船の活け間(鯵用のプールみたいなもの)へ入れて

帰港したら船の活け間からスカリへ移動させるため1度網ですくい

出荷時にスカリから氷水へ移す時にもう1度網ですくいます。

鯵と係わる(触れる)のはこの2度だけで、鯵に直接触ったり、何度も網ですくったりはしません。



さて、話は戻り、なぜガックリきてたのか…

一昨日の朝、出港前に船の係留場所にぶらさげたスカリを上から覗くと…

スカリの底に白い物が!

あっ!鯵が死んでる。

確認すると、ひとつのスカリに12匹死んでました。

12匹で2.2kg少々。中サイズの鯵なのでkg=1500円とすると3000円ほどの損失。


帰港して確認すると更に幾つか死んでて、別のスカリも白い物が沈んでる。

敏じいが「これだと翌朝までには50匹は死んでしまうな。明日は全て出荷しないと…」


翌朝3時前に起きて船へ…

全部で50匹ほど死んでました。

しかも大きなサイズばかり。

その日の漁は、海のはなし力が入らず腑抜けになってました。

損失の金額でガックリきてたんじゃなく、その50匹という数で

だって、釣れない日は朝から夕までで8匹という日があって、その魚もこのスカリの中に入っていたんです。

数日分の労働がアッという間に…です。


先ず思ったのが…『あの50匹(2~3人の方に送れる数です)があったら、

            あの人やあの人はどんなに喜んでくれただろう…』
でした。



株価の急落で顔色が蒼くなってる方も多いんでしょうが

海のはなしも出荷の駆け引きの判断の誤りで2日間精神的にショックでした。

まぁ、海のはなしを株をされてる人と比べること自体ナンセンスですがね。



海のはなしが沖へ出ると漁場で会ってた、仕事から引いた元会社社長、

最近(ひと月ほど)船が係留場所につながれたままで船を出さないと思ってたら

風の噂で『かなり手広く株に手を出してて、今漁どころではない』とか。

そういえば1度沖で船を並べて漁をしてた時

「わしは株で食べていけるから漁はそんなになくてええんや!」と豪語されてましたが…

大丈夫かな?

海のはなしは一晩寝たらすっかり元に戻りましたが・笑

"駆け引き…株の急落" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント