微妙なお年頃

子ども達にとっては宿題が出されない『のびのび出来る長期休み』が始まりました。

海のはなしは、そんな休みには関係なく漁の毎日です。

今はアオリイカのシーズンで、

敏じいと海のはなしは、餌になる活かし小アジの確保に船を出しています。


昨日(25日)は終業式。

そういえば、海のはなしの時代は『終業式』だったと思うけど。

次女の中学校では『修業式』・長男の小学校では『終業式』と『修了式』が併用されてた。

昔と今では…どう違うんだろう?


さて、昨日もいつも同様、敏じいと2人で漁へ出てると、敏じいの携帯に着信音が!

“もしかして、活かしアジの予約が入ってすぐ帰ってって事か?”と思ってたら…

敏じいが「おっ!剛志か!」って…長男が敏じいに電話を掛けてきたようです。

「お父さんと代わって…と言よるぞ」って、携帯を渡されて長男と話したら

「じいちゃんが“釣りに来いや”言よるけど、どうしよう?」

おいおい!誤魔化してんじゃない?

海のはなしは敏じいの近くに座ってたから、敏じいが何を言ったか知ってるんやで。

“釣りに来いや”なんて言ってないぞ~!笑

どうやら彼は釣りに行きたくて、終業式を終えて急いで帰ってきてたようです・笑



仕方ない…小アジがボチボチ釣れてた釣りを止めて1度帰港します。



長男を乗せてまた元の魚場へ。



海のはなしの道具を渡すなり…ハイ!釣れました!
画像

小さなカサゴです。

得意気の長男…なんだか眉毛が太過ぎて“かけふ君”に似てる気が・笑


彼の顔をマジマジと見た海のはなし、

彼の鼻の下の毛がうっすら黒くなってるのに気付きました。


海「あれっ?鼻の下にうっすら毛が生えてるな~」

彼「でも、お父さんのように硬くないで~」

海「最初は柔らかい毛で、だんだん硬くなってくるんよ」

彼「ふ~ん」

知らないうちにどんどん成長してます。


そうそう、一緒にお風呂に入ってる時なんか

湯船に浸かってる彼はおちんちんが見られないように座ります。

そして海のはなしが髪や身体を洗ってる時、

湯船の中からチラッチラッとした視線を感じます。

どうやら海のはなしの股間が気になるよう…

大人と子供の間の彼…きっと気になる年頃なんでしょうね・笑

ちょっとサービスしますからね~見てください!

海のはなしは知らないフリで、少し膝を広げてシャンプーしています・笑





話は再び船の上に…

1度釣り場を離れたせいで、元の魚場へ戻って来た時には魚影は無くなってました。

海のはなしは釣りを止めて彼の釣りのサポート。

その後、小アジあまり釣れず帰港…

まぁ、今日は彼が楽しめたからイイか!



海にはマツイカの赤ちゃん(1cmほど)が泳いでて
画像





空にはイカの捕食足のような雲が浮かんでた
画像



たまにはのんびりした釣りもいいか…

彼は、いつまで釣りに出る海のはなしたちを追いかけて来てくれるかな…

"微妙なお年頃" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント