英国ならではのサービスです 【London徒然草】

リンク先の情報として読んでください

画像をクリックしていただければ、
その画像の記事へ飛べるようにしておきますので
クリックしてくださいね

今回のご紹介順は、日本の北から南へ!そして海外へ!です。
文中に悪意のある表現が多々あると思いますが
たんなる悪意なのか、それとも愛情表現の裏返しなのか
それは皆さんのご判断にお任せします。

【英国と海のはなしのつながり】

海のはなしが海外へ手紙を送ろうとしたのは過去2度あります。

1度めの相手は『ナディア・コマネチ』

少年誌で“好きな外国のタレント・スポーツ選手にファンレターを送ろう!”

という企画があったんだ。

その中のリストにあったのが彼女の名前。

封筒に少年誌に載っていたアドレスを書き写して

便箋を前にして…



あっ!英語知らんかった…


で、2度目がイギリスのばくちゃんへ(正確にいうと“no3へ”だけど)。

文面も日本語でいいからね。

投函した封筒が何人もの手に触れて

ばくちゃんちへ届くのかと想像すると不思議な気持ち…



【London徒然草】

画像

これはね、2007  10/ 26の記事で、

『イギリスのサービスの精神ってこんなものよ~

オッホッホ~♪』ってばくちゃんが高笑いしてそうなお話

(実際のばくさんは、そんな事はされません)

棚からボタ餅?

そういえば高校の授業で、『覆水盆に返らず』を英語で何ていうか習ったなぁ~

そんなの日常で使わないのですっかり忘れてしまってる。

『棚からボタ餅』って何ていうんだろう?

高松じゃ『雑煮からアン餅』っていうんだけどね。


さて、本題へ

カードを使った買い物でトラブルにあったばくさんご夫婦、

自宅に帰ってしばらくすると驚く事が!

ドアの向うに立ってたのは、

ターバンを巻いて立ってるインド系のおじさん。

腕には色鮮やかな花束を抱えている。


それだけでも驚きなのに、高額の商品券(?)までプレゼントされた…


これを日本でイメージしたなら

トラブルにあって、自宅に帰ってしばらくすると…

ドアの向うに立ってたのは、

サラシを巻いて立ってるあっち系のおじさん。

腕には色鮮やかな彫り物が見え隠れしている…になっちゃう・笑
(そんな事はないけどね。)

まぁ、日本の場合、丁寧に謝られてそれでオシマイ。

もしかすると、その場で商品券など渡されるかもしれないけど

“花束を贈る”っていう発想はないだろうなぁ。

日本の冠婚葬祭に花は結びつくけど

お詫びには“花”のイメージは無いものね。

文化の違いなのかな?

レディーファストの文化ならではなのかな…


サービスに関しては日本は英国の上を行くと思ってたけど

こんな話を聞く限り日本のサービスもまだまだだと思っちゃう。


画像

これは2007 11/26の記事です。

『大人なって分かる親の想い』についてのお話です。

これについてコメントは書きませんが、じっくりお読みください。


 




お顔 お名前ご住所 お電話番号 メールアドレス
画像
画像
画像
画像
画像

お顔…よくできました→お顔は確認済み。(“キレイなお顔です!”ではありません)

お名前・ご住所…たいへんよくできました→葉書や手紙を送付済み。(“芸能人のようなお名前だ!”ではありません)

お電話番号…たいへんよくできました→お話しました。

メールアドレス…たいへんよくできました→メールしました。


波平度
画像

波平度…よくできました→あなたのご実家へ1度、魚を送ったよね?

昨年末は素敵なカードありがとうございました。

長男は「ばくちゃん、なんで本に出とるが?」と真剣でした・笑

今年もヨロシク♪

"英国ならではのサービスです 【London徒然草】" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント