いったいどこから

昨夜のリビングのテーブルの上
画像

大量のバナナ。

いったいどこから?

近くのスーパーからです…

家でお猿さんを飼っているというわけではありませんが、

家にいる3羽のツバクロが大きな口を開けて数日で食べ切ってしまうのです。


最近この子までバナナを食べるようになりました。
画像










そして、この子は…
画像

今朝近くの河口に迷い込んでた鯨の子供。
(中央に背びれだけが写っています。)

たぶんゴンドウクジラの種類だと思うけど、背びれに傷があって体長は2メートルほど。

いったいどこから?

沖合いの島に数日前に群れがいたそうだから、群れとはぐれてしまったのかも。

なんとか沖へ出て行って欲しいけどかなり弱っているみたい…

この川には、数日前、山に降った冷たい雨水が流れ込んで来てるはずだから

かなり海水温も下がってるはず。

早く仲間に見つけてもらうといいけど…

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年11月21日 22:45
【こんばんは】(*´∀`)ノシ 。お久しぶりです。ほんとにツバクロ3羽で食べきれるの?数日間で。クジラの子、背びれがどうも見つけられません。ここは川なんですか。かなり深さがある河口ですね。
さよちんは今日急に宮崎へ、お姉さんのお見舞いに。一寸あまり良くないような感じもします。色々と大変ですね、さよちん姉さんも。程よく回復すればいいんだけれど。・・・・・・・・~~~ヽ(^◇^))) ほな、さいなら!
マーメード
2008年11月22日 09:25
バナナを見たとき、今はやり?のバナナダイエットを遂に始めたのかしらと思いましたよ~(^^)/
漁は大変だと想像しますが、鯨を見られるんですね!2メートルだと怖くないですね・・・?
北海道の浜にも、年に数頭は打ち上げられているようです。
レンの顔、賢くなってきましたね!!
2008年11月22日 15:06
前回の記事では、じ~んときました。大吾パパも同じようね経験がありますが
特に母親の思いやりは忘れられないですね。
茨城県の海岸にも年何回か、打ち上げられます。
打ち上げられた鯨は、地元の人たちが船などで引っ張りますが大体息絶えます。打ち上げられたり港に迷い込んだ時点で、厳しい状況なんでしょうね。

海のはなし
2008年11月23日 06:33
shigeさん、おはようございます
鯨の背びれは写真中央の黒い点です・笑
貴市から30メートルほどの所を泳いでます。
携帯で撮ってるのでかなり分かりづらいですが、
この撮影前には岸に立ってる海のはなしの足元まで近寄ってました。


さよちんさんのお姉さん…昨年からの記事を拝見する限り、
難しい病気のようですが、少しでも痛みが和らぐよう祈るだけです。
今のさよちんさんの生活がお仕事から離れていたので
ゆっくり姉妹で話の出来る時間がとれたんですね。
最近バタバタしててどちらのブログも覗いてませんでした
お報せありがとうございます。
早速さよちんさんとこへ寄せていただきます。
海のはなし
2008年11月23日 06:50
マーメードさん、おはようございます
そちらはすっかり雪のようですね。
こちらは今月頭の日中は船の上で半袖シャツ一枚で漁をしてましたが
今月半ばからガクッと気温が下がり防寒着を着て漁をしています。

今回の鯨は河口に迷い込んでた鯨で、
ある国立大学が調査に来るという話が出てたようですが
撮影後のお昼(3時間ほど後)頃には姿が見えなくなったようです。
沖へ泳いで出たならいいのですが。

こちらの海には鯨は結構泳いでますよ。
昨年だったかな…愛媛(海のはなしの市から車で1時間少々)で
マッコウクジラが湾に迷い込んで、それを沖へ誘導する際に
漁師の乗った船が転覆されて漁師一名が死亡しました。
泳いでる鯨にロープをかけようとしてたようでした。
普通に泳いでる鯨はあまり危険ではないんですが、
おとなしい生き物でもむやみに手を出してはいけないという事です。
海のはなし
2008年11月23日 07:09
大吾パパさん、おはようございます
お互い子供には厳しい幼少時代だったようですね。

こちらには迷い込む鯨はいても打ち上げられる鯨はあまりいません。
そちらの沿岸は暖流に乗って沢山の鯨が泳いでくるんでしょうね。
数年前のニュースで、打ち上げられた鯨を近所の人が包丁と鍋を持ってきて
切った肉を持ち帰ってた映像が流れてました。
そちらでも食べちゃう人がいるんですか?
新鮮なうちならきっと美味しいんでしょうね。

打ち上げられた鯨は沖へ曳航(?)されて、他の船が通らない場所で沈められるようですね。
小型の鯨なら埋めることが出来ても、少し大きくなると穴を掘るのでさえ大仕事になりますからね。
ばく
2008年11月24日 06:50
レンちゃん、バナナ食べるんですね! ちょっとビックリ。
そして,昔、クジラと言えば,給食に出ていた時代に育った私。「クジラのノルウエー風」というケチャップ味の黒い固いお肉でした。で,その話を子供たちにしたら,人でなしという白い目で見られ,この事は絶対にこの国では口外しないでとクギを刺されました。まあ,わからないでもありませんが...

お母様はきっと天国から海のはなしさんのお誕生日を祝っておられますよ。
間違いないです。自分の子供の事は何があっても,母親は忘れません。
海のはなし
2008年11月25日 08:05
ばくちゃんさん、こんばんは
レンがバナナを食べるようになったのはつい最近で、
鹿児島のnaraoさんから頂いた『島バナナ』を食べてからです。
それまではバナナなんて人が食べてても全く興味を示さなかったのですがね。

クジラの肉出てましたね~
でも…食べるのに夢中でメニューなんて覚えてません・笑

【人でなしという白い目で見られ…】
食文化の違いなのでしょうね。
小学低学年時はクジラから作られてた肝油を配られてましたが
ばくちゃんさんの学校でもちろん食べてましたよね?

クジラを食べる文化は日本の他でもあるようですが、
クジラの個体数が減少してるといわれると
調査捕鯨をしている日本は世界各国の中で肩身が狭いですね。
オーストラリアへ旅行した時、
カンガルーの睾丸の袋を小銭入れとしてお土産売り場に並んでました。
アレには海のはなしはびっくりしましたが、
アレもそれぞれのお国の文化の違いなのでしょう・笑

この記事へのトラックバック