海のはなし

アクセスカウンタ

zoom RSS どこまでなら許せますか?3(最終)

<<   作成日時 : 2008/08/14 18:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

断りも無くトイレに入って、灯りもつけずに用を足して出て来たのは高校の男の子。

礼も言わず、目さえ合わさない態度にキレかけた海のはなし。

呼び止めて初めて気がついた、大量の汗を掻いてる彼には少し知的障害が…

その流れをカミサンに伝えたら

学校と名前位は聞いておいた方が良かったのでは?と

まぁ、いいじゃないか!トイレを勝手に使ってただけやから…

この程度なら許してあげようよ



ここでお終いではなかったのです。

タイトルの 『どこまでなら許せますか?』は続きます。

勝手にトイレを使って、礼も言わず目を合わせることさえもしない態度に

“いくら知的障害を持つ子だって、これは許せない”とおっしゃる方もいらっしゃるでしょうが

大方の人は“これぐらいは許してあげれる”って思うでしょうね。


でも、この話が続いたあとも“これぐらいは許してあげれる”って何人の方が思われるでしょう?

もちろん許せない対象は『その彼自身』、『彼を教育すべきご両親』、『彼を教育してきた先生達』…

いろいろ考え方はあるでしょうが…………



話は戻ります


高校生のカップルを帰した後、家族に流れを伝えて、店の戸締りをしました。

店先の看板の灯りを消して、入り口のロールカーテンも下ろしました。

天井の蛍光灯を1列のみ点灯させたまま閉店後もしばらく仕事があります。

パソコンにむかい売上データーなどを入力。

さて、店を閉めて落ち着いたからアジの仕掛でも作ろうか!

その前にトイレでも…

そういえば、さっきあの子が汗だくになってトイレに入ってたっけ?

何であんなに汗かいてたのかな?

トイレの中がそんなに暑かったか?笑

トイレの照明をつけてトイレに入りました…











う わ っ !










流してない!





便器の中には排泄物と大量のトイレットペーパーが…



店内のトイレ掃除は海のはなしがしてるけど、

トイレットペーパーの減り具合からみて間違いなく1/3ロール位は使ってる…

流れなかったらどうしよう…

もし、溢れ出たらどうしよう…

不安なまま水を流します…

ゴゴゴボゴボッ…

何とか流れてくれました。



これ位なら許せますよね?





でもね…









便座にまでべっとり排泄物が…



便座の裏側ではなく、お尻で座る側ですよ!

そこに排泄物を拭き取ったような跡がべっとり…

便座をほぼ1周…というより、何周も!って感じ。

どうやったらここまで汚せる?




海のはなし、頭がボ〜ッとしてきました。


まだ、皆さんには許容範囲内でしょうか?





まだ続きます。




ぎ ゃ 〜 っ !






なんとトイレの床にまで排泄物が!


大人の親指ほどの緩めの排泄物が海のはなしの右足の傍に…涙

もう迂闊に動けません。

トイレットペーパーホルダーにも…

不用意に動けないし、どこも触れません…







海のはなし…壊れました……






海のはなし、仕事の後の疲れた体でトイレ掃除をさせていただきました♪

流せるおトイレシート(30枚入り)をほぼ2パック使わせていただきました♪♪

便座の表も裏もピッカピカにさせていただきました♪♪♪

トイレットペーパーホルダーのカバーに付いてた汚れも拭かせていただきましたヨン♪♪♪♪



トイレは30分以上かけて完璧にキレイな状態に戻しました〜




ふぅ〜っ!やっと終わった!疲れた!風呂だ風呂だ!

トイレの横の洗面所で手を洗って2階へ上がろう〜





蛇口のノブにて伸ばして……

イヤな予感!!!!!




待・て・よ…確か、彼はここで手を洗ったよな?


流れるおトイレシートで恐る恐るノブを拭くと…









ベ ッ ト リ !





海のはなし、油断してここで昇天するところでした!



そこから更に30分をかけて蛇口のノブ・洗面台・トイレのドアノブを磨き上げました。






さて、あなたなら、どこまでなら許せますか?

そして、誰を責めますか?




海のはなしは足元に…の段階で壊れました。

責めたいのはご両親です…間違ってますか?



翌日、4時半に店を開けた海のはなし、

ワゴンを店頭に出した後に先ずした仕事は

『もう1度トイレ掃除を最初から』でした。    


朝、店に下りてきたカミサンが洗面台を見て

「うわ〜っ!すごくキレイ!どうして?」って。

昨夜からのことを何ひとつ言えず黙ってた海のはなし。

「うん…少し汚れてたからなぁ…」と





※デートの帰りの彼のパンツの中はどうなってたんだろ?
 彼女に気付かれてないといいけど。
 トイレがあの状態なら、パニックになって大汗掻いちゃうよな…
 デートの時はトイレの場所はチェックしときや!
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
どんな状況でトイレに飛び込んだのでしょう
漏れそう漏れそうと普通の健常者の青年だったら、その程度の言葉があるでしょう。
それでも出来るだけ我慢して、トイレの中に排泄するでしょう。
もし漏れ落ちたとしたら、後始末はしなくっちゃならないが、ここで二つに分けれるでしょう。
一つはそのまま後始末もしないで黙って出る。
もう一つは後始末をして、場合によってはトイレを汚して済みませんと謝るでしょう。

しかしことは障害者のニイチャンや。
何処まで理解できていたんだろう。

電気のスイッチも分からないくらい慌てていたのでしょう。
それくらい説破詰まった状況の中で、電気のスイッチを探すより、ズボンを下ろすことに気が行ったと思う。

しかしチャックがなかなか下りなかった。
焦れば焦るほど状況は迫っている。
そしてついにはズボンを下げる状況の中で、足下にポトリと出てしまったのかも。
風の旅人
2008/08/14 20:49
そうなると余計慌てる。
次から次に出てくる排泄物に、便器まで汚したのでしょう。
その結果汚したことを反省して、トイレット紙でふき取ろうとしたはず。
しかし真っ暗な中での作業です。
何処が汚れているのか見えない。
ここに海のはなしさんの怒りが頂点に達したのでしょう。

そして彼は出来るだけのことをしたつもりでも、灯りのない部屋では最終確認も出来なかった。
やったつもりでも排水もせずに出ていってしまった。

う〜ん〜これは難しいですなあ
彼が障害者として考えるなら、精一杯の仕事をしたのかも知れない。
結果は不十分であったけれど、彼なりに真っ暗の中で掃除したのだから。
海のはなしさんの怒りは当然ですが、彼なりの努力を認めてやってほしいなあ
風の旅人
2008/08/14 20:49
私には知的障害者の人に関する知識がなく、今回なんとコメントしたらいいのかわかりません。
ただ、海のはなしさん大変でしたね、としか言えません。

私の住む隣り町に、知的障害者の人たちを支援する施設があり、パン屋さんとピザレストランも経営しています。
お店の食べ物はとても美味しくて、障害者の人たちも一生懸命お手伝いをしている、とても感じの良いお店です。
それと、今回のこの記事と結びつきません。
宮城まり子さんなら、なんとコメントされるでしょう?
カンツォーネ
2008/08/14 21:00
海さん、そうだったのぉ〜???何て顛末なの?悪臭の中のトイレの大掃除。
もう、充分すぎるほどお察しします。吾が子や孫のものならともかく・・・
汚い、と思ったら出来ない作業だね。でも私だったらどうしたやろ。。。
多分単純単細胞だから、その子を追っかけて連れ戻してやらせたかも知れない。紛れなく知的障害者と分かるなら覚悟を決めて、その子と一緒に掃除する事なら出来たかも知れない。余程我慢出来なかったのかな。
良く一人で頑張ったわねえ〜。痴呆症の母の失禁なら日常茶飯だった。
夜中に匂いで目が覚めて、敷布団から掛け布団は勿論、畳も着ているものも全てうんちだらけ・・・良く食べるから強烈な匂いを放ってたもんやった。
そんなとき私がいつも自分に言い聞かせたことは、「これをやってもらうんじゃなくて良かった・・・やって上げてる方で・・・」って涙をポロポロ流しながら始末してた。そうやって自分を励まさなきゃ出来なかったもん。
でも、これは自分の母だから。父も同じだったけど・・・辛いよねえ〜。
海さん、ホントに良く頑張ったわねえ〜。情けなくて涙が出たでしょう。
さよちん
2008/08/15 00:59
怒りが海さんに力と勢いを与えたのかな。許すとか許さないとか、と言う前に既に限界を超えてたでしょうね。自分や家族の大切な家だもんねえ〜。
負けてなんか居られないよねえ。今夜辺りは疲れが出て眠れてたらいいなあ。
海さんには絶対罰は当たらないから。私は今夜超、高級な焼き肉をご馳走になったけど、海さんの記事を読んで汚いなんて感じなかったよ。
ただただ海さんに感服です。他に何も言えないや。。。
さよちん2
2008/08/15 00:59
風の旅人さん、おはようございます
【彼が障害者として考えるなら、精一杯の仕事をしたのかも知れない。】
確かに彼は努力はしてたと思います。
便座をトイレットペーパーで拭き取ったような汚れ方を見れば分かります。
ただ、「ごめんなさい」のひと言が欲しかったですね。
彼に対する腹だたちさはありませんが、
彼に社会とのつながりをどうにか優しく教えられないものかと
そちらの方に腹だたちさを感じます。
あとは、やはり彼女に悟られて無いかと心配してます。
海のはなし
2008/08/15 06:50
カンツォーネさん、おはようございます
本当に大変でした・笑
もともと障害者に対して蔑視する思いは無いので、
今回の事で彼らに対する考え方が変ったという事は無いのですが、
もう少し人との拘わり教えられないものかと…
そういった方面の教育関連に不満はあります。
【知的障害者の人たちを支援する施設があり】
確かこちらにも小規模な木工所みたいなのがあって
何か作って販売してたような気が…
そういえば最近、活動を耳にしないなぁ。
ただ、今の不景気の中では企業や市町村の援助もそんなに無いと思います。
一般の人が利用してあげない限り維持は難しいでしょうね。
海のはなし
2008/08/15 07:05
海のはなしさんおはようさん

>最近、活動を耳にしないなぁ

実は今障害者施設ではやい変なことが起きています。
施設で働きたくても働けない状態なんです。
昨年だったかな?
障害者自立支援法という法律が出来ましたね。
この法律は言葉だけを見ると、とても良い法律に見えますが、実体はその逆で悪法そのものです。

施設で働くには利用料を取られます。
例えば施設で機械を使って仕事をしたとします。
そこで得るわずかな収入から利用料を取られたら、赤字になってしまうことだってあります。
障害者が少しでも社会に貢献できるようにと、共同作業所を開設して運営されています。
何処の施設でも法律が施行される以前から、大きな赤字に悩んでいます。
施設の職員も安い給料で働いており、その原因は国や市町村からの補助が少ないからです。
結局赤字分は利用者から取るようにした法律です。

だから何処の施設もやっていけなくなって、障害者を閉め出す結果になっています。
こんな悪法は許されませんよ。
風の旅人
2008/08/15 08:21
さて問題の少年ですが、教育せよと言っても何処まで理解できるかです。
関係者は努力していると思いますが、社会に出れば色々な問題に体験します。
その時どう対処するのかは、一つ一つ教えてあげないと分からないと思う。
健常者の若者でも人の迷惑を考えないのですから、障害者となるとかなり理解力が落ちるでしょう。
丹念に教えてあげるしかないでしょう。

実社会との関わりについては、これからも色々な場面で遭遇すると思います。そのときに丁寧に教えてあげたいですね。
風の旅人
2008/08/15 08:21
さよちんさん、おはようございます
【吾が子や孫のものならともかく・・・】
そうですね、身内と他人では心理的に随分違いますからね。
身内ではそうでも無くても、他人では先ず身構えて緊張しちゃいますね。
余計力が入って疲れちゃうだろうなぁ。

【痴呆症の母の……】
ご苦労様でした。
海のはなしの母は60を過ぎてまもなく他界し、そういった苦労は無かったのですが、母方のおばあちゃんが痴呆症になった際は母と共に実家へ掃除などへ行ったことが何度かありました。
たんすの中に詰め込まれた汚れた下着を引っ張り出して洗濯したり、
畑の横の見晴らしのいいとこにタライを据えて、母と2人でおばあちゃんを抱えて運んで行水させたことが懐かしいです。
海のはなしの場合、痴呆症の人にかかわったのは生涯その数時間でしたが、
さよちんさんはかなり長い月日をかかわっていたんでしょうね。
本当にご苦労様でした。
海のはなし
2008/08/15 08:59
さよちんさんへ
今回のトイレの汚れは掃除すれば元通りになりますからね、まだ余裕がありますよ。
トイレじゃない他の部屋で、しかもさよちんさんのように睡眠の時間まで割いて掃除をすることになると身体も心も折れてしまうと思います。
海のはなし
2008/08/15 09:00
風の旅人さん、こんにちは
【施設で働くには利用料を取られます。】
あっ、これは聞いた事があります。
毎日利用してた人も経済的に負担になるので
“週に何度”というふうに利用回数を減らしたとか
もしかすると最近耳にしなくなった施設も経済的に立ち行かなくなって
閉鎖してしまったんでしょうか?

【さて問題の少年ですが、教育せよと言っても何処まで理解できるかです】
彼に関していえば、高校生といった事が本当であればそれなりの理解力があるでしょうし、万が一高校生が嘘だとしても2人だけで自宅まで帰れる事を考えるとそれなりの判断力があるはずだと思います。
そんな彼になら人との係わり方をしっかり教えられたはずだと思うのですが。
まぁ、これらも健常者からの見方ですからね、実際はそんなに簡単なことではないのかもしれませんが…
海のはなし
2008/08/15 12:52
似たような話を聞いたことがあります。学生時代ある友人二人が歩いていたら一人が突然腹痛を訴え、近くのパチンコ屋のトイレに駆け込んだらしいです。数分後、外で待っていた友人を中の友人が急いで呼んだそうです。中に入ると便器の枠をはみだした大量の下○便がフロアいっぱいに広がっていたそうです。結局、トイレットペーパーを大量にかぶせて逃げてしまったらしいです…しかし今、実行犯?は地域に役立つ存在に、共犯者?はパチンコ屋の店員をしています。その子が今後どのような大人になるかわかりませんが長い目で見ましょう!

元二番員より
2008/08/15 14:12
元二番員さん、こんばんは
今夜は花火大会で、今ドンドンと打ち上がってますね。
どこかで見てますか?
海のはなしは…それどころではありません・笑

元二番員さんがこの話題にコメントをくれるなんて・驚
海のはなしとしても、あの高校生がどんな風に成長するのか興味ありますが、きっと近くまで来ても海のはなしの店を見ればあの時の事を思い出して
遠回りしちゃうんじゃないかな…
海のはなし
2008/08/15 21:21
海のはなしさん、こんばんは。もしかすると将来、その高校生はその彼女?と結婚して子どもが出来、数年後、海のはなしさんの店にお客さんとしてやって来ます。そしてその子どもは迷わず禁断のトイレへ歩を進め…
元二番員より
2008/08/15 23:12
元二番員さん、こんばんは
海のはなしのはとこは健常者ですが、身障者の方と結婚しました。
身障者と健常者の夫婦でもかなり苦労はあるようですので
夫婦で共に知的障害者となると現実的に考えると
日々の生活さえ難しいかと思われます。
もし結婚され、もしお子さんに恵まれたなら…
遠慮せずトイレを利用して欲しいですね。
海のはなし
2008/08/17 18:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
どこまでなら許せますか?3(最終) 海のはなし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる