石川県 誰に看取られて日本海の星になるの?【りん市場】

リンク先の情報として読んでください

画像をクリックしていただければ、
その画像の記事へ飛べるようにしておきますので
クリックしてくださいね

今回のご紹介順は、日本の北から南へ!そして海外へ!です。
文中に悪意のある表現が多々あると思いますが
たんなる悪意なのか、それとも愛情表現の裏返しなのか
それは皆さんのご判断にお任せします。



【石川県と海のはなしのつながり】

海のはなしは大学4年の夏に、大学のゼミ旅行で日本海側の各県へ行ったんだ。

その時、兼六園へも行ったよ。

その後は東人坊へもね。

あっ!そこは福井県だっけ?

という事は、石川県は兼六園しか行ってないや…

大阪に6年間ほどいたけど、バイクで行ってたのは福井・岐阜・京都辺りだったなぁ

今思えば、金沢もゆっくり旅したかったなぁ~


【りん市場】


画像
これはね、2007  6/28の記事で、

『ワンコを飼ってる人に避けられないのは愛犬の死!』っていうお話

ゾウガメでも飼ってれば、その死は遥かに飼い主の死よりずっと後だけど…

犬の死は確実に人より前にやって来るからね。

そのワンコを手放さない限り、飼い主がそのワンコの死を看取る事になるんだ。

老犬になって手放す人もいるだろうし

突然の事故死とかで、

飼い主だけで無く誰にも看取られずに死を迎えるワンコも多いはず。



海のはなしんちの先々代犬にミックスのチビという名のワンコがいたんだ。

小学5年の海のはなしが学校から帰ってくると、家の外へ飛んで出てきてたよ。

ある日、そのチビは家の前の歩道にいたのに、後進して来たタクシーに轢かれて

どちらかの前脚(人の手首の部分)を折っちゃって、もう治らないって…

ぶらんぶらんの前脚を引きずって、小さな海のはなし達と外で遊ぶものだから

とうとう、その折れた部分の肉がアスファルトで削れて…

それでも僕や弟たちと遊びたくて…

どんどん傷がひどくなって…

包帯を巻いあげても自分で噛み切って僕達を追いかけてた

もう傷はどうしようもなく酷くなってしまい…

ある晩、敏じいが「病院で注射を打ってもらって楽にしてあげよう」って連れて行った…

敏じいだけに看取られて…

海のはなしたちは連れて行ってもらえず、家の中で泣き続けてたよ。


シェルティーのみみちゃん…君は誰に看取られたのかな?

りんぼうずさんちの誰かに看取られたかい?

1人で天国なんて…寂しいよね


海のはなしは常々子ども達に

「レンが死を迎えるのは君達より随分早いから」と話しています。

「なんで、後から生まれたレンが先に死ぬが?」と最初は不思議そうでしたが…



レン!君が天に行く時はしっかり看取ってあげるからね。




人は一緒に暮らしていた動物を亡くした後、

何かを見たり、何かを耳にした時に彼らを思い出すよね。


人によってそれは『大好物だったおやつ』だったり

人によっては『彼らを飼ってた時に流行っていた音楽』だったり

海のはなしはね、自宅の木の階段の中央に残ってた君達の爪あとだったよ。

その家ももう取り壊して何年も経つけど…

でも思い出はしっかり残ってるからね


りんぼうずさんは『夏が来ると思い出す』んだって。

秋とか冬じゃなくって良かったね…

そんな季節なら寂しすぎるよ






お顔 お名前 ご住所 お電話番号 メールアドレス
画像
画像
画像
画像
画像

お顔…がんばりましょう→あなたのお顔を知りません。(“もっとキレイに!”ではありません)

お名前・ご住所…たいへんよくできました→葉書や手紙を送付済み。(“芸能人のようなお名前だ!”ではありません)

お電話番号…がんばりましょう→あなたのNOを知りません。

メールアドレス…たいへんよくできました→メールしました。



波平度
画像

波平度…ふつうです→残念ながら、あなたへ魚を送った事はありません。

kimixさんちへも送れたから、りんぼうずさんへも大丈夫やね。

いつか「〇〇さん?今週、家を留守にしますか?」と突然電話が掛かってくるかもよ~


今年もヨロシク♪

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

りんぼうず
2008年01月05日 18:45
あけましておめでとうございます!
今年もよろしくです♪
なんだか、みみネタで嬉しいな~♪
死んでしまった人って日が経つにつれ忘れられてくし、話題にものぼらない。思い出されるだけ幸せなんだよね~。
「人は二度死ぬ。肉体が死んでしまったときと、人々に忘れられた時」って聞いた事があるけど、忘れられるって悲しいよね!


みみが死んだ時は二度と犬は飼わないって思ったのに、りんが来たって事は、みみとのワンコ生活がステキだったからだと思うわ。。
最期は私と母で看送りました。その年の最高気温だった真夏日でした。
嬉しい紹介ありがとうございました♪
海のはなし
2008年01月05日 20:30
りんぼうずさん、明けましておめでとうございます。

【人は二度死ぬ。肉体が死んでしまったときと、人々に忘れられた時】
いい言葉です。
人はなるべく死を考えないように生きていますから
死んでいった人や動物の事を忘れてしまうんでしょうね。
でも、その人や動物にかけていた愛情はいつか
新しく生まれる人(その人にとっては子どもや孫であるかも)や
新しく家族に迎える動物に注がれて
彼らと向き合う中の一瞬、亡くした命を振り返る…

だから、そちらのご家族に加わったリンゴちゃんのお蔭で、
時々みみちゃんは皆さんの記憶の中で元気に走り回れるんでしょうね。
海のはなしも2度と飼わないと思ってたけど、
今はレンに感謝の毎日です!

みみちゃん、1人じゃなくてよかったです。

この記事へのトラックバック