2007 毒盛り秘伝書 ソの巻 【アールグレイはいかが?】

リンク先の情報として読んでください・笑

画像をクリックしていただければ、
その画像の記事へ飛べるようにしておきますので
クリックしてくださいね


【アールグレイはいかが?】


画像
彼女、ある子供の資金援助をされてます。
同じ心遣いはロンドンのばくさんもされてます。
ばくさんは海のはなしと同じ歳。
アールグレイさんは海のはなしより四つ以上経験の多い方。
海のはなし、おふたりを見習うべき歳なのにまだ余裕がありません・恥ずかしい


彼女の幼い日の思い出はカラーではありません。
海のはなしと同じあせた色…それこそセピア色の中の大切なとこにだけ生き生きとした色をつけたような絵になります。
その色の部分が、ほんわか暖かです。

きっと同じような貧しさの中に育って、
同じように親から暖かさを分けてもらって育てられたと思います。
ここ(クリックして)では、決して豊かでは無い生活…それこそ暗闇の中、ロウソクの火の周りだけ暖かく、鉄粉が燃え尽きる一瞬が残像としてまぶたに残り、鉄粉が燃え尽きる一瞬の音が寡黙な父の声のように耳に残る…それを感じさせてくれる記事でした。

彼女大病(クリックして)と向き合ってました。
今は全て順調に、ゆっくり時は過ぎているようです。
海のはなしの昨年末の削除記事…彼女を含め、命がけで向き合い続けてる方がいらっしゃる事を考えれば、そのまま残し続けることは出来ませんでした。


自然はとても偉大です。
ここは海のはなしが北海道をツーリングして初めて目指した場所。
草木の色は変わってても、沖の岩の形は20年変わってません。
どれぐらいの人がここからこの岩を眺めていたことでしょう。
北海道が開拓される前に、アイヌの人たちも見てたんでしょうか?
この先、海のはなしがいなくなっても、孫やひ孫達もここに立つ事はあるのかな…

海のはなし、1枚の絵から色々探るのが好きです。
今回の記事(クリックして)の窓から写真。
こういうの好きです。いろんなヒントが隠されて…おかげで店の名前やメニューの名前まで分かりました・笑

こんな先生(クリックして)ばかりだと1度の手術でいろんな傷が癒されるのに…。
彼女はこのイケメン先生にたくさんの気になってたとこを改善させてもらったようです。
鼻を高く、目は二重に…えっ?そんなとこは改善して無いって?


女性ならそんなもの捕まえないでしょ?
と思ってもこれ(クリックして)を捕まえに…普通考えられません


文才の彼女に少しはお役に立てたことここここここで。
所詮この程度でしたが・笑

※根治宣言されても油断はしないでください…ひもより

彼女のブログネタは、仕事ネタ・健康ネタ・手紙・本ネタ・グルメネタ・北海道の自然ネタ・北海道での生活ネタ等、多彩です

ブログリンク【アールグレイはいかが?】


さて、次(明日)は ツの巻 4コマ漫談の

【紫蘇の効用】さんです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年01月06日 06:33
四つ以上歳上・・・どこから割り出したの?←答えはいらない!(笑)
大病・・はっきり言ってガン!もう大丈夫!信じてもらえないかもしれませんが、転移がなかったことを前提にできるなら、ガンになってよかったと思っています。不足や失敗から工夫や発見を生むように、かなりしんどかった思いは、ウルトラ大きなものを得た気がしています。15年前に乳ガンになった友達も、同じことを言います。でもお風呂では、若い人よりも年配の人の視線の方がぶしつけだと教えてくれました。
それに元イケメン今チョイ悪先生に出会えました。教授回診をされないので、へぇ~と思っていました。数ヶ月が過ぎたころ、この先生は医療の原点やもっと高いところをみていらっしゃる先生なんだなと伝わってきました。医師である前に一人の人間でしたよ。傷跡を微調整してくださると言われたので、たくさん調整して下さいとお願いしたのですが、医療行為に反すると断られました。(笑)病院選びよりいい医師との出会いが大切だと思いました。
茶漉し袋
2007年01月06日 06:56
虫・・・カナヘビが我が家で4匹の子供を産んだときから、虜になりました。でも餌は?
里子・・・ジョナという女の子に、いつか会いに行きたいという夢をもらいました。昨夜、さんまの「あんたの夢かなえたろ」という番組を見ました。応募できるかしら?
四つ下?の海のはなし君へ
病気の心配ありがとう!
ちゃんと検査に通っています。それよりあなたの体調は万全ですか?
文才がおありですね。小説の素養を身につけていらっしゃる。まとまった時間がとれるまで待たないで、こつこつ書きためてみたらいかがですか?
今年も豊かなユーモアで私たちを煙に巻いて下さい。(笑)
海のはなし
2007年01月07日 10:04
アールグレイさん、おはようございます
【四つ以上歳上・・・どこから割り出したの?】
数が好きな海のはなし。
明治生まれ…明治の最終西暦は?
お父さんがお幾つの時のお子さん?
アールグレイさんが1番お若い年を予想すると…
海のはなしと4歳の歳の差です!でもそんな歳の差なんて…笑
海のはなし
2007年01月07日 10:19
海のはなしの母も44の歳で左の乳房を全て取る手術をしました。
毎シーズン、ワコールから送られるブラのパンフレットを楽しみにしてたようです。
【年配の人の視線の方がぶしつけだと】
きっとそういった年代の方々の時代には、
今のように早期発見・進んだ治療方法も無く、
乳がんで命を落とされる方は多かったのでしょうね。
胸を失うくらいなら…と死を選んだ方さえいらっしゃったと思います。
ですから、同じ年代間では見慣れない、そういった『戦う胸』が異様に見えたのでしょう。

一方、若い子達は進んだ発見方法・治療法に恵まれ、しかも正確な情報も多く…
その『戦う胸』は、異様な『戦う胸』ではなく、彼女達の勇気の『戦う胸』になってるんだと思いますよ。

ちなみにうちの子供(母には孫になりますが)たち3人とも、亡くなるまで母と一緒にお風呂に入るのを楽しみにしてました。
生まれた時から母には乳房が無く、四季の順番を疑わないように、それが当たり前として母を慕ってました。
ある意味『慣れ』なのでしょうが…いい意味で、世の中がこの『慣れ』に溢れて、異様な物を見る視線をなくして欲しいものです。
ひも
2007年01月07日 10:27
海のはなしさん、この場をお借りします。
茶漉し袋さんへ
里子に会うのはルールに反する行為なのでは?
そういった番組…ひもは知りません…にすがる思いなのでしょうか?

ひもは海のはなしさんのような毒は盛れません。
毒盛りは海のはなしさんにお任せして、
今年はひもなりのお付き合いもヨロシク!
まだカードが届きませんよ♪


海のはなし
2007年01月07日 10:29
ひもさん!
ここは二人三脚で行きましょう!
カードが届いたら山分けで!笑
アールグレイ
2007年01月07日 19:48
支援団体には里子訪問ツアーがあり、二年に一度訪問していたようです。今は?
二人目のジョナには、たとえマフィアから銃を突きつけられても、会いたいです。母親より上の私をアテ(年の離れたお姉さん)と慕ってきた子です。私にとっても対等な心の友でした。
テレビに頼るのは、彼女が住むところへのツアーがないからです。以前銃撃戦があった地域です。支援団体の方と一緒に行けるなら、そういう方法も・・・?ワタシ・・・日本語がやっとですから。
乳ガンの友達に・・・そうですね、いい意味で慣れたならいいのかもしれませんね。

数学が得意な長男に、「おかあさん、数学苦手だったんだ~」と言ったら、「おかあさんのは算数だよ」と言われ、「確かに・・・」と納得しました。(笑)
海のはなしさんは、文才もありながら数にも強くて女性にも強そうで・・・うらやましいです。
海のはなし
2007年01月08日 11:20
里子訪問ツアーというものがあるんですか?
海外旅行の経験が何度もおありのアールグレイさん、
“出来るものならそこへ行きたい”
その気持ち…分かるような気がします。
ジョナの姉であると同時に、息子とかわいいお嫁さんの母なのですから、わがままで危険な場所へは行けませんね。

【数学が得意な長男】
という事は、アールグレイさんにもそのDNAがあるのでは?

【海のはなしさんは、・・・うらやましいです。】
はい、これがブログの危険な『思い込み』です・笑
現実は…どうでしょう?
ただの分析屋ですよ。
言葉や絵をじっくり観察すれば、見えないものが見えるものです。
今のご主人もしっかり分析してあげてください。
いいところがどんどん見えてくるはず!
もし見えてこないようなら、ひもさんに頼むしかないかもね?笑



この記事へのトラックバック