いつの間にか

昨日(8月6日)は広島で核が使用された日でした。
海のはなしはすっかり忘れていました。
憶えていたからといっても、何かするというわけでもないのですが…

うちの子供達は修学旅行で原爆資料館を訪れたり、市の図書館から『はだしのゲン(マンガ)』を借りてきて読んだりする以外、戦争について知る機会は無くなりつつあります。

以前、松山空港へ続く田んぼの中を走る道で見た物
画像
終戦生まれの
カンツォーネさんならお分かりでしょうが…
実はこれ、第二次大戦時に使用されていた戦闘機格納庫・掩体壕(えんたいごう)です。
この穴の中に戦闘機を隠して空爆から避けたり、突然飛び立って奇襲をかけたりしてたんでしょう。愛媛では有名な松山空襲の中、この壕は無事に残ってたようです。
でも、終戦間間近には、ここに隠すような戦闘機さえ無かったでしょう。

空港へ行く途中見たこの壕…子供達には不思議な穴のようでした。
何で畑の中にあるのか?
何で戦闘機を隠すのか?
何で滑走路がここに無いのか?

今でも宗教がからんで、激しい戦争状態になっている国があります。
世界中のメディアは、戦争の悲惨さをアピールするために、弱者の子供達への被害の様子の映像を流しています。
こういった子供達は相手国への憎しみを胸に育って、憎しみとともに大人になり、憎しみを更に相手国にぶつけあう事になるのでしょう…

憎しみの連鎖…いつになれば終わるのでしょう。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年08月07日 09:51
平和な世界!
普通の人間なら自然に思うことなのに、どうして争いがなくならないのでしょう・・・・
これからの子ども達に、平穏な感情・許しあえる気持ちを育てることも大切なのでは・・・・
親の背中を見て子ども達は成長してます。夏休みで毎日だらだら家にいるからって、お父さん、お母さん!イライラしないように。。。気をつけましょうね(笑)
なお
2006年08月07日 12:38
今のレバノンの状況を見ても、犠牲になるのは弱者ばかり。健常者、お金のある人は自力で国外へ脱出できますが、脱出できない人もたくさんいます。いくら民間人が脱出する為の停戦期間を設けても意味ないです。たとえこの人達が助かったとしても、一生心の傷と憎しみをかかえて生きていかなければなりません。悲しいですね。
ところで、ついに初物をいただきました。しかも2つも…トホホ。
2006年08月07日 16:37
こんにちは。
戦争時代の人間で戦争を知らない私です。
家の近くにも軍の兵器庫の地下壕がまだ残っています。こどもの国はその名残です。
今では人工衛星で地球のどこにでも無人爆撃機で攻撃できる時代です。
人工衛星も地上の車の動きまで容易く判別できます。
恐ろしい戦争が起こらないよう願っています。科学が人間を不幸にしない事を本当に願います。
2006年08月07日 17:12
すみません、私は「戦争を知らない子供たち」のひとりなのです。でも戦後の食べ物が不足している時に育ったので、身体も知能も人より劣っているかもしれません(笑)。
掩体壕って初めて見ました。私は東京育ちですが、実家は戦災に遭いませんでした。近所には防空壕のあるお宅がいくつかありました。我が家にはなかったので、空襲の時はどうしていたのだろうか?
私の叔父は南方で戦病死しました。父は満州から終戦前に、無傷で帰還しました。でも戦争の話は、ほとんどしませんでした。思い出したくなかったのかもしれません。
「憎しみの連鎖」、本当に早く終わってほしいです。
海のはなし
2006年08月08日 05:46
wisteriaさん、おはようございます
【夏休みで毎日だらだら家にいるからって…】
昨日は中三・小六・小四の子供達に雷が落ちました。
最近勉強がおろそかで、まさにだらだらしていたので…。
次女が怒られている間、長男は「僕の耳には何も聞こえません。」と“動揺しないで勉強してます!”と正座して急に勉強を始めましたが、海のはなしのカミナリは背の高い子だけでなく、3人とも平等に落ちました。
海のはなし
2006年08月08日 06:01
なおさん、おはようございます
停戦協定を無視して攻撃していたイスラエル…
何故そこまで?いくらアメリカが後ろについてくれてるといっても、それは世界各国が認めないでしょ?と思ってたら、アメリカもやっと非難を始めました。逆にアメリカが非難をしたからといって箍(たが)が外れたような行動を起こさなければいいのですが…

初物…さすがバルサちゃん!しかも2匹も?笑
ちょうど昨日の朝、スズメもジジジッ…と鳴く初物を咥えてました!スズメは翅までは食べないと思いますが、バルサちゃんなら丸呑みやね!
海のはなし
2006年08月08日 06:11
maechanさん、おはようございます
こどもの国の場所がそういった壕の側にあるなんて初耳でした。
勿論、海のはなしはそんな壕へ入った事はありません。
何より体質的に入れないですが…

maechanさん、疎開先でお生まれですか?
そんな時代で出産されたお母さんも子育てで必死だったでしょうね…
momoちゃんの笑顔を見てると今の平和を実感できます。
ただ平和ボケの若者が多すぎるのも問題ですが…
海のはなし
2006年08月08日 06:44
カンツォーネさん、おはようございます
私の祖父も満州から無事に帰ってきた1人です。
小学生か保育所時に聞いた事があります「敵を鉄砲で撃った事ある?戦車に乗った?」と触れてはいけない事をズバリと…。その時祖父は何て答えたのか…記憶にありません。
父は実家の海岸で走って逃げる所をアメリカ戦闘機に機銃掃射されたそうです。
弾には当らなかったので、海のはなしも3人の子供達も今生きていられるわけです。
たった一発の弾で、その先に生まれるはずの命が断たれるのを考えても、【「憎しみの連鎖」、本当に早く終わってほしいです。】
みりんだ
2006年08月08日 20:27
私は両親も戦後に生まれているので全く戦争に触れないで小さい頃は育っていました。でも前にもお話ししたと思うのですが、高校時代から日本の戦争についてイロイロ調べたり本を読んだり、実際戦争を経験した人の話を聞いたりしました。広島の平和記念式典には過去3回出席しています。やはり原爆が落とされた広島、長崎のコトは忘れてはいけないと思います。
海のはなし
2006年08月09日 05:26
みりんださん、おはようございます
今日は長崎に核が落ちた日です。
今はとても平和に見える日本ですが、逆に『平和ボケ』しているようにも思われます。
武力による紛争地域に足を運び殺された若者さえいました。
深夜遅くまで一人歩きの出来る環境が、無知な若者を駄目にするようです。
せめて、そういった若者には知識を身につけて欲しいものですね。

この記事へのトラックバック