飼育ケースは宝箱 その6

長男がサッカーの夜練から帰って来ました。
背負ったバッグも下ろさず、倉庫からカブトの入った飼育ケースを持って来ます。
昼間、海のはなしと約束してました。
今日の夜練の後、カブトの飼育ケースの土替えをしようと。
画像



カブトは、以前紹介した小さいサイズばかりが10匹以上いました。
そして、既に死んでしまってるカブトも3匹いました。
画像



1枚目の絵の彼の手の平に何があるか分かりますか?
画像

50円玉と小さな米粒が1つ。
実は小さな米粒に見えるのはカブトの卵です。
形は真ん丸で真っ白です、卵といっても鶏の卵のように硬くはありません。
きっと、死んだカブトの中のメスが落としていった命でしょう。

店の横の壁には蝶の幼虫がいました。
じっとしている所を見ると、今夜辺りサナギになりそうです。
黒い粒粒は幼虫の糞です。
画像画像













数日後、どんな羽根を見せてくれるでしょうか…

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年07月28日 23:00
カブトムシの体には水を掛けると寿命が縮むと聞いたことがあります。
2枚目のカブちゃん達は濡れてるように見えますが、ジェリーが付いてるのでしょうか?
長生きしてくれるといいですね。
土の中に卵が結構あったのでは?
2006年07月29日 00:28
うわ~カブトムシの卵ってこんな小さいんですね~!
初めて見ましたよ!!その卵は育つのでしょうか?
うちの近くのジャスコでカブトムシが入った飼育ケースが山積みにされて売られているのを見ると、なんとなく切なくなります。自分で探して見つけたコを大切に育てるってのが楽しかった記憶があるのですが、今は違うかな~…なんて思って。
海のはなしさん宅の飼育ケース話を読むとホッとしますヨ♪

うちのブロッコリーちゃんにも蝶のサナギがついてます。
もう収穫も終わりかな~って頃にモンシロチョウが卵をつけた模様。せっかくなので、残りの葉っぱを全部アオムシ君に差し上げたところ、本日サナギを発見。無事蝶になって羽ばたいていってくれるといいのですが…。
なお
2006年07月29日 00:39
昨日(もう一昨日になりますか…)、養老渓谷へ行ったときにトンボや蝶をたくさん見かけました。トンボは身体がきれいなブルーで羽根は黒。蝶もいろんな種類のが飛んでいました。やっぱり動物、植物、昆虫にはたくさんの緑、きれいな水が必要なんだなぁとつくづく感じました。虫取り網を持っている親子連れ、結構いましたよ。蛙を捕まえている子もいました(笑)
2006年07月29日 15:26
海のはなしさんのブログをみていると、いつもほのぼのとした良い気分になります。長男君も素直にすくすくと育っている感じがします。
お父さんの気持ちが十分伝わっているのですね。
その方が、あの毒のあるコメントをされる、そのギャップが楽しいです(笑)。
2006年07月29日 22:51
もう産卵してたのね。それよりその土の中からその小さな卵を見つけるってところが凄いわ。レンチャンのうんpからもやしもどきを取り出した時と同じくらいの感激度!(笑)
その卵、また同じ容器に戻すの?それとも新しい容器に隔離する?
うちのは3匹とも元気一杯です~♪
海のはなし
2006年07月30日 04:45
wisteriaさん、おはようございます
カブトの体に水を掛けると寿命が縮む…という話は初めて聞きました!笑
カブトに水を掛けたわけではなく、ケースを水洗いして拭き取らず、そのままカブトをどんどん入れたので濡れてしまったようです。
昆虫の呼吸器官は口ではなく、体の周りについてるのでそういった事が言われるのでしょうか?
卵は、土の中に入れていた朽木のくぼみに産んでました。
よく探すとまだ他にも見つかったのかもしれませんが、それ以上触らないように新しい土の中に埋めました。
海のはなし
2006年07月30日 05:01
ponchi37さん、おはようございます
【うわ~カブトムシの卵ってこんな小さいんですね~!】
うちの長男が手にした絵ですから、こんな感じになりました。
もし、おこちゃま主婦が手にした絵になったら、卵がピンポン玉サイズに見えるでしょう!笑
山積みのされたカブトのケース…きっと、都会の子供達は自然の樹液を舐めるカブトなんて見たことがない子も多いと思います。
クヌギの木を蹴ってカブトがボトボトと落ちてくるなんて想像出来ないでしょうね。
そちらは夜、家の明かりにカブトやクワガタは飛んで来ませんか?
こちらは昔はよく飛んで来ましたが、最近はセミ位しか飛んで来ません。
町全体が夜中まで明るくなったせいでしょう。

一人身のおこちゃま主婦の間、夜中中、戸を開けたままにしておいたら色んな虫たちがやって来るかもよ~!笑
海のはなし
2006年07月30日 05:11
なおさん、おはようございます
きれいな水には沢山の生き物が集まりますね。
なおさんの周りにも沢山の男どもが集まっていたことでしょう!(今もか?)
渓谷はいいですよね~。
あのヒンヤリした感じが好きです。
流れる水さえ生きている気がします。
この辺りの川は河川工事が進んで、めっきりトンボの数が減りました。
昔は橋の下に沢山のオハグロトンボがいたり、色んなイトトンボが飛んでいたのに…。
人間に便利になった分、虫たちには不自由になったようです。

海のはなし
2006年07月30日 05:28
カンツォーネさん、おはようございます
【いつもほのぼのとした良い気分になります】
ありがとうございます
自営でいつも子供たちの側にいるので、細かなとこが見えてるだけだと思います。
出来るだけ口出しせずに好きなようにやらせて、目に余ればカミナリを…昔風の親父を目指してます・笑
カンツォーネさんも、そんな子育てをされていたのではないですか?
私が歌う場へ子供達が来てくれるかどうか…(その前に、そういった設定にかなり無理がありますが・笑)

毒を盛るのが本来の姿ですよ~!
トップにもあるように、親しくさせていただいた『海のはなしなりのお礼状』です・笑
毒を盛ってもサラッと返してくれる相手を選んでるつもりです。

海のはなし
2006年07月30日 05:37
Mayさん、おはようございます
【その卵、また同じ容器に戻すの?それとも新しい容器に隔離する?】
親と同じ容器でいいです。
ただ、土の中に埋める朽木は多めにしてください。
Mayさんちのメスは一匹でしたから、そんなに数多くの卵は産まないと思いますが、売られている朽木なら2本程度がいいと思います。
カブトが大きい分長生きするかもしれませんが、クワガタと違って来年が無い虫ですから大事に育ててやってください。



海のはなし
2006年08月02日 17:18
ママさん、こんにちは
はじめまして
沢山のクワガタやカブトを飼ってらっしゃいますね。
海のはなしは近くの山にいる虫しか知りません。
外国の虫は、海のはなしには少しハードルが高すぎます・笑
これからもちょくちょく覗かせていただきます。

この記事へのトラックバック