ヨシノボリ 68 産卵

昨日、オスヨシとチビオス(チビオスといっても、体長4センチ以上あるのでオスヨシとほぼ同じ大きさ)が噛み付きあって激しい縄張り争いをしていました。
写真を撮ろうとしたら、バッテリー切れ・涙

今日、餌をやろうと水槽の照明をつけたところ…オスヨシが巣穴(流木の下に作ってます)から出てきません。
あれっ?おかしいなぁ~と思って、よ~く見てみると…やっぱり卵を守ってた!
どうやら昨夜のうちに産卵したようです。
画像


ヨシノボリの産卵は巣穴の内壁にオスのヨシノボリが精子を塗りつけて、誘い入れたメスにその内壁に産卵させます。
卵は一本の糸で1つずつ内壁と繋がっててて、精子はその糸を伝って卵と受精するそうです。
産卵後オスのヨシノボリがメスを追い出して、稚魚が卵から出てくるまで1人で世話をします。


このまま放っておいたら、他のヨシノボリに卵を食べられたり、生まれた稚魚を食べられるので隔離しなければなりません。
今のうちに他のヨシノボリを引越しさせないと!

早速水槽の水を減らして網ですくおうとしましたが、どうしても何匹かがすくえません。
なんとか逃げようとするヨシノボリ達は、オスヨシの巣穴にさえ入り込もうとします。
オスヨシの方も必死に入らせまいと頑張ってます。
とうとう数匹のヨシノボリが、オスヨシの巣穴に入り込み出てきません。
このままでは卵も危ないので仕方なく流木を持ち上げて、潜り込んでいたヨシノボリを捕獲・引越しに成功。

その後は、卵とオスヨシだけを入れた水槽に水を加えて様子見です。
昨年は、プラスチックのパイプの中の産卵に気付かず、そのパイプを動かした数時間後に卵を全て食べられてしまった事がありました。

今回も、卵のついてる流木を動かせてしまったので、もしかすると卵を放棄するかと思いましたが、しばらくするとオスヨシは巣穴の奥の石を咥えて巣穴の修復を始めました。
なんとか落ち着いてくれたようです。
今はヒレを使って水流を起こしてゴミをどけたり、新鮮な酸素を送ったりしています。
画像



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2006年05月11日 19:42
オスヨシ、ひとりで卵を守るなんて健気ですねぇ。
追い出されたメスは、子育て参加はしないのですか?
無事に稚魚が出てくるといいですね♪
2006年05月11日 22:08
御無沙汰しておりました。
オスヨシが恋のデッドヒートに勝利したのですね。
我がチビヨシはやはりダメだったのかあ・・・。
ともかくも、産卵おめでとうございます。
これから毎日、水槽をのぞくのが楽しみですね。
ばく
2006年05月11日 22:50
あーテレビで見たのと一緒だ! ♂が子育て。 これって、いいことだよなあ。稚魚が産まれるのが楽しみですね。でもすんごくたくさん産まれたら、どうするんですか?
海のはなし
2006年05月12日 05:34
ponchi37さん、おはようございます
追い出されたメスは別のオスと繁殖するかもしれません。
子育てはオスの仕事で、稚魚になるまではほとんど巣穴から出てきません。
このオスは昨年も子育てしたオスなので、今回も稚魚になるまで守り続けると思います。
海のはなし
2006年05月12日 05:43
ねこまっくさん、おはようございます
チビオスが敗れました。
でも隔離先では1番大きなオスですから、メスに体力があれば又卵を守る姿が見られるかもしれません。
先日のバトルは初めて見ましたが驚きでした。
大きく口を広げて噛み付きながら押したり引いたり…
海のはなし
2006年05月12日 05:54
ばくさん、こんばんは
沢山の稚魚ですか?
昨年も計数百匹生まれましたが、全て死んでしまいました。
餌の確保・水の微妙な塩分濃度など、自然の場合と比べるとまず水槽の中では育たないそうです。今回もほとんど死んでしまうでしょう。
生まれた稚魚をすぐ、川の上流に放流すれば何匹かは育つかもしれませんが、生態系が狂うのでそれは水生動物の飼育のルール違反になってしまいます。何匹かでも育ってくれたらいいのですが…。
2006年05月14日 17:51
共同でもなく、♂がタマゴを守り続けるっていうのにはちょっとびっくりしました。
今年は孵化してくれるといいですね~!
めだかは繁殖が容易で、あっと言う間に増えるみたいですけど、ヨシノボリは難しいのですか?
海のはなし
2006年05月17日 06:21
15日から孵化が始まりましたが、今回も餌の確保が間に合わなくて全て死んでしまうと思います。
メダかは水温さえ高ければ年中繁殖しますが、ヨシノボリはこの時期しか繁殖しません。
しかも、メダカのように親と同じ餌は食べないので、餌のプランクトン作りから始めなければなりません。
さらに水槽の水に海水を混ぜるとか、細かい挑戦が必要なんです・涙
昨年は数百匹生まれましたが、全て死んでしまいました。
水槽での成長はかなり厳しいようです。

この記事へのトラックバック