飼育ケースは宝箱 その5

飼育ケースの中にカブトの幼虫の餌になる朽木を追加で入れました。

画像


1度目…1 9/17
1度目…2
2度目 11/8
3度目 2/5

今回で4度目のカブトの幼虫チェックです。
長男は慣れた手つきで幼虫を探してます。
画像


長男が幼虫を見て「こいつはメスやな!」とか言ってました。
海のはなしでさえオスメスの区別なんて知らないのに、長男が幼虫の段階でオス・メスの判断が出来るのかな?と不思議に思いました。
彼の説明によると『お腹が赤いとメス』なんだって!笑
どうみても同じようなお腹だと思うけど…
きっと、専門家なら体に対しての頭のバランスとか、頭の形できっとわかるんだろうなぁ。
海のはなしは、そこまでじっくり観察した事はありませんが。

クワガタの幼虫ケースでは、1匹の幼虫がかなりしっかりと穴を固めだしたので、もうしばらくするとサナギになるかもしれません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

みりんだ
2006年05月31日 12:15
ゴブサタです~
旦那も腐ってないですよぉ~(笑)
カブトムシ!私も小さいころ幼虫を山で見つけてきて飼ってました。
成虫にはならずに土になちゃいましたが(涙)
子供の頃にこういう体験するのって絶対大事ですよね♪
長男くん将来さらに期待♪
Jリーガーになるかもしれないし~♪
我が家はバルサちゃんなおさん家と同じくジェフファンです~♪
ばく
2006年05月31日 17:21
ひょえ~。蛇、トカゲなど、大好きなわたくしですが、この手の、手足がなくて、毛がなくて、特に白くて太めの物は、ぞぞ~~~~っ。写真も怖くてみられませーーん。長男君、すごい。じっくり観察までしてしまうのね。 ソ、尊敬。今年、全部孵るのですか?それとも、後何年も待つのかしら?
2006年05月31日 20:37
・・・・うっ・・・・。
おおきくなりましたねえ。ぷりっぷりのプユプユ。
手の上でウゴウゴしたりしそう。いやーーーーっ!
ごめんなさい、長男君がたいせつに育ててるのに。
でも、こんなにおっきい白い芋虫はもう、もう、もうダメーーーー!!
黒かったら少しはましかしら?
りんぼうず
2006年05月31日 20:47
すごい!!でっかい幼虫!!子供の頃は触れたんだけど今はムリかも・・・うちの近所にシイタケ屋さんがあるんですけど、そこにはたっくさんかぶとむしがいます。欲しかったら取りにおいでって言われて一回行ったんだけど、本当にウジャウジャにいて怖かったわ!
2006年05月31日 22:02
数年前まで我が家の庭(山)にはこの大きな芋虫がいっぱいいました。一時期友人たちとの間で幼虫飼育が流行り、そのうちの一人はカブトムシのHPを立ち上げたほどでした・・・。
今はカブトムシのえさになるような木が庭になくなってしまったので、幼虫はいないらしいですが、夏場赤ワインにバナナを浸して木につるしておくとカブトムシがわんさか集まってたのを思い出しました。
海のはなし
2006年06月01日 16:07
みりんださん、こんにちは
みりんだパパは新鮮状態が続いていたようですね。
幼虫を飼ってたんですか?
でも、土になったっていうのが微妙ですね・笑

バルサちゃん家同様、千葉のファンなんですか?
で、やっぱり『キーハンター』なんか見てたんですか?
えっ!そっちの千葉じゃなかったの?

海のはなし
2006年06月01日 16:13
ばくさん、おはようございます
蛇やトカゲを触れるんですか?
きっとロンドンだと貴重なタンパク源なんでしょうね~?
やっぱり、蛇も日本のウナギのような料理方法なんでしょうか?笑

カブトの幼虫はひと冬を越せば夏の前に成虫になります。
クワガタは成虫になるまでにふた冬を必要とするものがいます。
この絵のカブトの幼虫は今月から来月にはサナギになると思います。
海のはなし
2006年06月01日 16:26
ねこまっくさん、こんにちは
ねこまっくさんは白い芋虫が駄目なんですか?
てっきり『ワシ』・『タカ』・『フクロウ』などの猛禽類が苦手だとばかり思ってましたが…えっ?それはヘビの苦手なものですって?だから…笑

黒い芋虫なら大丈夫?
海のはなしはそんな芋虫は絶対に触れませんね!笑

海のはなし
2006年06月01日 16:37
りんぼうずさん、こんにちは
シイタケ栽培で使用している木(シイタケ菌を打った木)はクヌギを利用してるんですよ。
昆虫売り場のカブトムシやクワガタムシ用に売られている朽木もシイタケ栽培後のクヌギの廃材利用されたものがほとんどです。
シイタケ栽培で有名な大分は、少し山に入ればシイタケ作りを目にすることが出来ます。
そんな光景を目にする度、シイタケの味よりも“カブトの幼虫がここには沢山いるだろうなぁ~”って想像してました。
やっぱり沢山いましたか?1度子供と一緒に幼虫採りして見たいです!
海のはなし
2006年06月01日 16:54
naraさん、こんにちは
私がコメント削除された海のはなしです…涙
その仕打ちに耐えられなく、辛くて辛くて…うっうっ!

こちらでは、使い古したストッキングの中に焼酎に浸したバナナを入れます。
海のはなしは、バナナが勿体無いので試した事はありませんが…笑
毎年夏になると3人の子供達は、店を閉めた後、虫捕りにドライブがてら山道を走るのを楽しみにしてるんですよ。
中三の娘までついて来ますから・笑

この記事へのトラックバック