ヨシノボリ 67 スジエビが孵化

前回の抱卵していたスジエビが予定通り満月の夜の14・15に孵化が始まったようです。

16日の朝確認してみると、4ミリほどエビの形をしたゾエア(稚エビのようにも見えるけど)が4~5匹、頭を下にしてガラスにくっついてました。
まだ沢山の卵を抱えて、せわしなく脚を動かせて酸素を送ってるのでまだまだ生まれそう。
時々脚の間の卵を長い手(脚?)で、孵化を促すように触ってます(4/16)。


とにかく餌の準備!
屋外に置いてたバケツの緑っぽい水と今日ヨシノボリ水槽から抜いた茶色い水を混ぜ、いかにもプランクトンが湧きそうなその水をガラス容器に入れて日当たりのいいとこにセット。

魚や貝用のアミノ酸粉末を少々…
バラタナゴの餌をすり潰したものを少々…
念の為、セットしてる水もスポイトでとってスジエビ飼育ケースに落としました。

セットしている水にプランクトンが発生して餌として使えるかどうか…
条件が良ければ、2~3日後には餌として使えると思うのですが。
ゾエアが育つかどうか…まだ一週間ほどは様子見です。

画像画像


















その後今朝になるとおなかの抱卵は無くなって、全てゾエアになってました。

家の裏手に入れている抱卵スジエビ達はいまだ卵を抱えています。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年04月17日 19:39
すっご~い!!
それ全部ちゃ~んと孵化して育ったら大量発生ですねー。
でもゾエア(ってエビの稚魚って事ですよね??)の育つ環境作りって難しそう。
先日ペットショップに行ったので貝を足そうと、貝コーナー覗いたけどイマイチ...。
エビもいいけどまた飛び下りばっかりされるし、
金魚に食べられたりしちゃうのもイヤだしなぁ...と、コケバスターズの追加は保留になっちゃいましたー。
海のはなし
2006年04月17日 20:09
はにーちゃんさん、こんばんは
今見てみると20~30匹は泳いでいます。
もう少し早く餌用のプランクトンを作っておくべきでした。
以前から気になってたHPの管理人さんにプランクトンの質問メールを送ってみたので、今はその返事を心待ちにしているのですが…間に合うかどうか。
家の裏手の抱卵エビはまだ抱卵したままです。
それまでには何とか餌作りをしておかなくては!
2006年04月18日 02:17
ゾエア! うーん、懐かしい響き。
生物の授業で、プラヌラ→ポリプ→エフィラって変態する海の生物をならったけど、なんだったっけ? クラゲ? イソギンチャク? カニ?
スジエビを大量におっきくして・・・もしや、それはいずれヨシノボリたちのエサになるのでしょうか・・・。

先日、徳島の魚博士(中年男性)のところへ取材に行きました。
研究室では、川で保護した「ガー」とかいろいろへんな魚や
川魚をたくさん飼っていました。魚もいいな~と思いました。
なかでも、「トビハゼ」!! ヨシノボリよりさらにトボけた顔で
なんか愛嬌があります。真剣に飼ってみようかなあ。
どうでしょう? 私に飼えるでしょうか? 
海のはなし
2006年04月18日 07:52
ねこまっくさん、おはようございます
今朝確認してみると、あれだけいたはずのゾエアが5~6匹しか確認出来ませんでした。
餌が間に合わなかったようです。
徳島にもいましたか?「トビハゼ」
たしか淡水で飼える魚でしたから、水面から出て休める場所とか作っておいたら案外簡単かもしれませんね。
川魚だから熱帯魚のようにヒーターも設置しなくていいし、海水の準備も不必要ですからね。
魚博士さんにアドバイスをいただけると十分可能だと思いますよ。
ただ、他の動物のように寿命が長く無いので、2~3年で寿命だという事を理解しておいてください。

この記事へのトラックバック

  • トンボの卵

    Excerpt: 一週間前に店に飛んで来たオオシオカラトンボに卵を産ませました。 Weblog: 海のはなし racked: 2006-09-02 23:04