ヨシノボリ 45 私はデスラー総督?

画像
先日来から続いていたヤマトサン達の食害の為、昨夕3匹のヤマトサンを発泡スチロールに入れて店の裏の犬走りに置いていた。(軽く蓋をし、小石を少しと被害にあった水草を1本一緒に入れて)とりあえず一晩の隔離の後に、改めて別のケースに入れればいいと思ってた…。

今朝店を開けると同時に確認したら…ガ~ン!1匹もいない。
発泡の壁をよじ登って近くでジタバタして無いか…と探すものの…いない。
えっ!もしかして…猫?

まさかと思いカミサンに「裏に置いてたエビが無くなったけど、何か物音してた?」と尋ねたら、
「えっ!全部おらんの?(カミサンはかなりの数のエビがいたと思い込んでたらしい)」
「いや、3匹だけやけど…」
「そういえば…夜中の3時頃、トイレに起きたら裏で変な音がしてたけど、てっきり道路向いのタクシー屋さんの音だとばかり思ってた」
あぁ~、間違いない、猫だ!涙
動物好きの私が、唯一苦手な四足動物…猫に食べられた。

ヤマトサン達には水草をメチャクチャにされたり、ヨシノボリたちの餌を横取りされたり…好き勝手させられて『何とかしなくては!』と思ってた矢先。
何だかヨシノボリ側の私にとって、好敵手だったヤマトの諸君…(中学の時にブームになった『宇宙戦艦ヤマト』のデスラー総督のように、敵のヤマトサン達にいつの間にか愛情が芽生えていたのに)…ウッ‥ウッ…!
今朝なんて、「ヤマトの諸君久しぶりだなぁ~!」って言ってみたかったのに…。
憎むべし、野良猫!

店のケースの中では、心なしか生き生きとしているように見える水草と、邪魔する者がいなくてのんびり出来るのかチビオスが久しぶりに見晴台で休んでます。
まるで、残された水草とヨシノボリが「デスラー総督!万歳~!」と言ってるみたい。
※今回は、不本意ながらアニメオタク風な内容が紛れていますが、オタクではありませんので。念の為!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2005年10月13日 17:04
すみません。海のはなしさんが苦手な“ねこ”まっくです。
ヤマトさん達、お悔やみ申し上げます。
デスラー総督も、好敵手を横から野良猫にひっさらわれ
悲しみよりも怒りに身を焼いていることでしょう。
それにしても、なぜ蓋をした発泡スチロールの中にエビがいるってわかったのでしょう?
ヤマトさん達、小さなハサミで少しは反撃したかなあ・・・?
なんだか私も「ヤマトの諸君よ・・・」って心境になってきました。
海のはなし
2005年10月13日 17:50
実は…ヤマトサン達が、夜中にお腹が空くと可哀想だと思い、ひとつまみの魚粉を水面に落としていたんです。きっとその匂いに誘われたのでしょう…。ガックリ…
2005年10月13日 17:59
!!!
“反省室”が、本当に...
冗談ではなくなっちゃいましたね...。
生き物をある程度の人数(匹数!?)飼っていると、
どうしても“こにくたらしいヤツ”っていますよね~。
私の水槽にもそんな金魚さんがいます。
でもある時弱ってたりするとミョ~に心配になったりします。
ヤマトサンの後継者はもう入れないのですか?
海のはなし
2005年10月13日 19:15
後継者ですか?
早速、ヤマトサンじゃなくて、食害の少ないミナミサンを探しに近くの(と言っても、隣の市なんですが)ペットショップへ行ってきました。
ヤマトサンはいましたが、あれだけ水草を駄目にされると、もう買えません。
ミナミサンはいませんでした。

後継者は…スジエビのシラササンを、来月に入ると釣り餌用に数千匹仕入れるので、その中から数匹チョイスする予定です。
シラササンも食害は無さそうだし…。
それまでは水草を少し増やそうかと考えてます。

この記事へのトラックバック