ヨシノボリ 47 その後のトンネル

画像
ヤマトサン達がいなくなったケースの中は、のんびりと…とても静かに見えます。

ヨシノボリたちは、ヤマトサン達がいなくなって穴掘りに集中出来るのか、土管風アパートは基礎工事で大幅に向きが変わってしまい、石の下に潜るトンネルも全く以前と違ってきました。

土管風アパートはオスヨシ(A)の寝床に、トンネル入り口(ナンバー3)はチビオス(B)の寝床に落ち着きました。(写真を撮った後、チビオスはナンバー3の入り口で寝ています。)

水草にいっぱいくっついてたクモの巣のようなものは、一晩経つと随分無くなってた。
やっぱり小さな細菌の塊だったのかな?

ミズミミズも全く無く、目立って水質が悪くなった様子でも無いみたい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2005年10月17日 20:50
新しいトンネル開通ですね(笑)
ヤマトさん達が居なくなった飼育水、悪化してなくて一安心ですね。
ミズミミズ。
海のはなしさんチでも発生する時あるんですか?
私はあれ以来、餌の量も減らし気味、換水にも気を使い、
ヤツが出てこなくて安心しています。
けれど以前にも増して、目を凝らして水槽チェックするようになりました(笑)
海のはなし
2005年10月18日 07:03
はにーちゃんさん、おはようございます
ミズミミズは今のところ発生してませんが、もしかすると小石の間に潜んでいるかも。
最近小、石の間に糞とか食べ残しのゴミが目立ってきたので、そろそろ小石の間のゴミだけでも取り除こうかと思ってます。
ただ、そうなるとヨシノボリのトンネルが潰れてしまうので、今のトンネルで落ち着いている彼等には申し訳ないですが・笑
でも、はにーちゃんさんの金魚たちの餌の量と比べると、こちらのヨシノボリの方が断然少ないので、掃除も換水の回数は少なくて助かります。
水質が悪くなると金魚は目に見えてヒレや色艶が悪くなりますね、それを考えると金魚の飼育って大変ですね。
2005年10月24日 18:00
そうなんです。楽チンと思って飼い始めた金魚さん。
飼ってみると意外と大変でした(笑)
私が選んだ金魚'sは尚更、弱い系統の魚種のようですし。
無知が生んだ悲劇!?いやいや、楽しんで飼育してますよ(笑)
海のはなし
2005年10月25日 09:37
うちで子供達が飼ってた金魚は、尾グサレ病で青い水を出たり入ったりの繰り返しでした。
本当に次から次へと伝染してました…

ところで、その後、うつむきちゃんのヒレは改善されてますか?

この記事へのトラックバック