越冬できなかったヒメアカタテハ

画像
今朝、店の周りの掃除をしていたら鮮やかな蝶が蟻に集られてるのを見つけた。
頭部が無いことを除くと羽もお腹も脚もきれいなままだから、日頃からよく目にするカマキリやクモに襲われたわけでは無さそう。
きっと、朝晩の冷え込みがここ数日秋らしくなったから、秋が本格的になる前に死んでしまったんだろうなぁ。
四国なら越冬出来るものだと思ってたけど、越冬もそう簡単なことじゃないんだな。
でも、1匹の命が無駄にならず、たくさんの虫の糧になるんだから…ある意味効率的
人間も少し見習っていろいろな無駄を無くして効率的にすればいいだけど、利害関係が絡んだりしてなかなかうまくいかないね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

May
2005年09月28日 11:46
こちらは、日中はまだ汗ばむほど・・・もうすぐ10月だというのに、今だ夏の余韻を感じる今日この頃です。
でも今朝庭仕事をしてると、ヒラヒラとこころなしか弱々しく家の庭に飛んできたアゲハチョウ。もうすぐ自然に返る時期なのね・・・と思うとなんとなく秋の気分。
へぇ~越冬する蝶もいるのね。
海のはなし
2005年09月29日 10:32
国内でまだまだ越冬する蝶はいますよ。

このヒメアカタテハは、外国では何千キロという距離を移動することで有名なんですが、国産ではそんなに移動しないみたいですね。
きっと季節風とかに乗って飛ぶんでしょうが、結構生命力の強い蝶のようです。
そんな生命力の強い蝶もいつか自然に還るんですね。

この記事へのトラックバック