ヤモり…だよね?

画像
今年の梅雨のシーズン中、店先のジュースの自販機の灯りに集まる虫たちを目当てに、ヤモりが1匹、夜になると自販機に張り付いていた。
きっと、若いお嬢さんなら、お金を入れる前にその姿を見たら、叫び声を残して逃げ出すだろうなぁ~。
追い払うのも可哀想だし、そのまま虫駆除(若いお嬢さん駆除も?)を任せていた。
その後、「姿を見せないなぁ…」って思ってたら、店の入り口付近の陳列台の陰で蜘蛛の巣に引っかかって干からび、死んでいる姿を発見!
身体に蜘蛛の糸が巻きつけられてなかったので、店の中に迷い込んで弱ったところで主の居ない蜘蛛の巣に引っかかったんだろう。

このヤモりで何年生きてたんだろう…命ってはかないな…

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2005年08月27日 19:53
こんばんは。
何とも哀れな姿ですね~~^^;
ヤモリの幼体が餓死してミイラ化したものではないでしょうか?
かわいそうに・・・
海のはなし
2005年08月27日 22:14
電脳中年Aさん こんばんは!
やっぱりヤモりなんでしょうね。
本当にきれいにミイラ化してました。
裏返すと顎のラインが爬虫類らしく力強くて…
でも、命あるものは、生きている姿が1番美しいですね。
ただ、今回は子供たちにゆっくり観察させる事が出来ました。
2005年08月27日 22:19
こんばんは。
生きているヤモリを嫌う人(特に女性)は決して少なくないですが,日本のヤモリに関する限りは人間に害を与えることはなく,むしろ虫を食べてくれたりする益獣とでも言うべき存在ではないかと思っています。
生きているヤモリの目を見ると,どんなに小さなヤモリでもかなり精悍な目つきをしていて凄みがあります。(笑)

この記事へのトラックバック

  • 喋る自販機

    Excerpt: 先日、朝のテレビ番組で最近の自販機事情を紹介してました。 Weblog: 海のはなし racked: 2006-06-07 15:42