ヨシノボリ 8

画像
昨日水槽に加わったレッドビーシュリンプ×5達のおかげ!
今朝起きて水槽の底を確認してみると、あんなにあった栄養たっぷりの食べ残しの『メダカのエサ』の粉末がきれいに無くなってた。
でも、水草の葉の上とか、ヨシノボリ用の中層の見張り台(?)にはまだまだ残ってた。
あ~ぁ、ここまでは食べないのか…と思ってたら、いつの間にか水草に上って頑張ってくれてた。
ただ、高い場所は苦手なのか、じきに底へ降りてしまう。

底がかなりきれいになったので、改めて『メダカのエサ』をすり潰し、ヨシノボリの仔魚に…。
今回までは、すり潰したエサを水面に撒いていたけど、昨日臥龍さんから「すり潰したエサを水で溶いて与えてみれば!」ってアドバイスで、今回は水で溶いて与えてみた。
明らかに水面に撒いた時の反応と違い、今回は水溶きエサの中で急に泳ぎまくっていたけど…食べてんのかな?それとも水質が変わって暴れてたのかな?

ネットで調べると、ガラス面を移動している白い糸くずは、『水ミミズ』というもので魚には害が無いとか。
ただ、発生の原因は水質の悪化ということらしい…やっぱり。
この『水ミミズ』は、しばらく様子見です。

隔離中のヨシノボリの親(2匹)は、相変わらず食欲旺盛!
喉にエサを詰めて三途の川を泳いでいた小さいメス(写真)は、私がケースを覗きこむと水面でホバーリング状態でエサ待ち。
先日まで子育てでお疲れの大きなオスは、隠れ穴から顔を出して余裕でエサ待ち。
子供と同居出来るのは、いつになることやら。

しばらく石巻貝を隔離してたせいで、ガラス面に苔がつき始めたような気が…。
しばらくしたら隔離先から呼び戻そう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック