ヨシノボリ4

画像
オスのヨシノボリは、その後も順調に卵の世話をして尾やヒレを使って水を送ったり、ゴミを飛ばしている様子。
そして同時に引っ越して来た仔魚の数が少し減ってる気がするけど…。
今までは日の当る明るい水面でかたまって泳いでいた仔魚たちが、今では中層から底の方まで分散しているから数がはっきりしないだけなのかも。
ただ、親の食欲が孵化までは無いのかと思ってたら、卵部屋の前に刻んだゴカイを落とすと…食べた(汗)
もしかして…食べられてる?他の子は食べても、自分の子は食べないのか?相変わらず今もせわしなく動いて卵の世話をしている。卵から孵化が始まったらこのオスも隔離しなければ!
それと、隔離していた親魚の5匹のうち4匹が、引っ越し先のケースから一晩のうちに外へ飛び出して成仏していた。たっぷり水をためてたケースにフタをするのを忘れてて、夜のうちによじ登って飛び出してしまってた。
残された1匹はメスだけど、かなり身体が小さいから残されたオスとの相性はどうなることか…。
このメスは先月のどに餌を詰めて死に掛けていた個体なのです。
他の大きな仲間に与えたゴカイの切り身を欲張って飲み込み…といっても、飲み込めず吐き出せずのまま。
口からエラへの水の流れが止まって、酸欠状態のままケースの底の小石の上で横になって体色も白っぽく…。
割り箸ですんなり捕まえられて、暴れることもなくピクリともしない。
口に詰まった餌を千枚通しの先で穿り出して別のケースで様子を見てたら…数時間後に復活。
幽体離脱から戻ってきたみたい。
今は、このメスと子育て中のオス、卵(数は確認してない)、仔魚が十数匹が今は残っている状態。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック