ヨシノボリ

画像
秋から春先まで店で販売していたシラサエビの中に、入荷するたびに何匹かのヨシノボリが混入してて、それを別の水槽にペット代わりに6匹ほど入れてたら…なんと産卵していました。
先日から何匹かのお腹が鮮やかな青色になって、餌の食べ過ぎみたいにお腹がパンパンになってるのに気付いたらいつの間にか。
でも最初の産卵に気付いてそのままにしてたら、その翌日はあれほどビッシリあった卵が全て無くなってた。
きっと他の個体か親に食べられたんでしょう。
今度は隔離しなくてはと思ってたら、その5日後にまた産卵。
違うメスの産卵だと思うけど、産卵場所は前回と同様、沈めてたシステムラックの予備のパーツに。早速隔離。
カビが生えないように、たまに細い平筆で卵を軽くなでる。
3日後辺りから1ミリ~1.5ミリのお腹に栄養たっぷりの稚魚がガラスケースの底で一生懸命尾を振ってる姿を確認。
この先何匹の卵が稚魚になれるのか。
卵の数は数百…もしかすると…千個を超えてかも。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック