今年のアオリイカ

この辺りのアオリは、吉田・明浜から状況が良くなって北上しつつ三崎半島を九州へ進む感じでピークが終わるのですが、今年は釣れ始めたのが昨年より半月からひと月遅れであったのに、今の状況は三崎へ移動中…終わるのは例年並という様子です。
今年は数も昨年の3分の1、サイズもバラツキがあったようです。
やっぱり秋のタネイカを今流行の小さいサイズのエギ(2.5以下)で根こそぎ釣られているのは大きな要因だと思うけど…。だから、うちは売れるのは分かってても小さいサイズのエギは取り扱ってないのです。
今年は地元のお客さんから「あの小さいイカをスーパーの袋にいっぱい釣って帰ってるから…」という声が多く聞かれました。
地元の人は秋に泳いでるイカの群れを眺めて、春の産卵で海岸近くに来るイカを楽しみに産卵用の樹の枝の束を海に沈めたりしていたのですが…今年は何匹産卵できたのでしょう?
このまま小さいサイズのリリースをしないでいると、この辺りではいつか幻のイカになるのかも…独り言

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック