海のはなし

アクセスカウンタ

zoom RSS 少しゆっくりできるかな

<<   作成日時 : 2008/05/26 08:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 20

昨日(5/25)は八幡浜市の操法大会が予定通り行われました。

結果は9チーム出場で最下位の9位。




これはうちの分団ではありませんが、この他県の分団同様、セリフも動作もほぼ同じです。

海のはなしはゼッケン4と同じ動きをします。

向かって右側のホースを伸ばしてますが、放水後さらに左側のホースも伸ばすのが昨日の大会でした。


1チームの人員の内訳は、

ホースを持って走り回る団員が3人(うち2人がホースの先で放水します)

命令等の指示をする指揮者が1人

消防自動車を操作して水を送る機関員が1人。

海のはなしは機関員(ゼッケン4)として参加しました。


練習は4/11からのべ34日間(18時半から21時半まで)

かなり真剣に練習もしました。


大会当日、他分団が次々とミスを連発する中、海のはなしたちのチームの番が!

スタートラインから一斉に車両へ乗車して、安全確認後に一斉に下車。

放水するまでは大きなミスはありません。

各選手は練習どおりに動きます。

後で聞いたところ『小さなミスはあるもののこれなら上位入賞もありえるかも!』と

大会関係者の何人かは思ってたそうです。


でも、うちの分団員はそう考えてはいません。

うちの車両は昭和63年に導入された20年選手。市内でも一番古い車両なのです。

しかも、海岸付近の分団の為、タイフーンシーズンには毎年道路に溢れた海水の中を走り回る車両です。

ホースを積載する荷台は錆びて大きな穴が数箇所、決して人がその上に乗らないよう注意され

今年の車検時には厚い鉄板で補強されました。

他にも錆びだらけであちこちに穴が開いてます、しかも放水用の水も満足に汲み上げられない状態。

この車両では戦えません…が、新車両を支給されない限りこれで戦うしかありません。

※新車両が1台3500万円以上ですからね…なかなか予算がないようです。



【スタートラインから一斉に自動車へ乗車して、安全確認後に一斉に下車。】その後は…

やはり送水時間が遅いです。

他分団は14秒以内で車両からホースを通って放水されますが

うちの車両は20秒以上かかります。

1秒でマイナス1点ですからここでー6点以上、下手をするとー10点の開きが…

しかもこの操作を2度繰り返しますので、計15点〜の得点差が起こります。


大会当日も車両の機関は止まる寸前まで落ちて、

動き始めても機関の針は振れまくって全く落ち着きません。

機関を操作しながら“まさにじゃじゃ馬だな…”と海のはなし。


これ以上機関の回転数を上げてはいけないという数値を超えてさえも送水時間は短縮されません…


タイムの減点が大きすぎて 結果ダントツの最下位!

真剣勝負に竹光で挑むようなもの…涙

今回出場した若手分団員は「新車両が配備されたらリベンジしたい!」と…

そりゃあそうだよね、あれだけ練習しても車両で勝負が決まってんだから…

次の大会は何年後か分かりませんが、早く配備されないと海のはなし、50を過ぎてしまいます・笑

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
初めて拝見しました\(◎o◎)/!

まるで人間の動きがアシモくんのように見えました!

動作がピシャッと揃っていてある意味かっこいいですよね(*^^)v

車両で負けるなんて残念ですね。
大会なんだから、主催側が用意する車両で平等に評価されるとよかったですね。
wisteria
2008/05/26 09:53
お疲れ様でした。
大吾パパの家は、小学校、中学校がすぐ近くで秋の大会の頃は毎晩練習してます。それをいつも見てましたので頭が下がる思いです。

これからも怪我が無いよう、地元の為に活動してください。

最下位ですか・・・・ 動画には写ってませんがまさか、海のはなしさん点呼の時、3の倍数でアホになったのではありませんよね!(笑)


ちなみに動画の分団は何位ですか?


大吾パパ
2008/05/26 11:43
wisteriaさん、こんにちは
【人間の動きがアシモくんのように見えました!】
この動画の団員の動きではまだまだ上位へは上れません。
一人一人が機械のような動き・無駄の無い動き・それこそ動作の速いアシモ君にならなければ点数はまだまだです。

【大会なんだから、主催側が用意する車両で平等に…】
こういう意見も出ましたが、参加車両は1台1台ドアの形から機関のメーターの位置まで違うんですよ。
ドアの開閉でドアのどこを掴むか?
機関のメーターを確実に確認できる立ち位置とか…車両によって全然違うのです。
主催者側が用意した車両を大会で使用する事にするなら
その車両で練習をする順番を各分団で調整したりしなくてはいけません。
そうなると満足な練習時間がとれず質の低下になってしまいます。
有利不利があってもそれぞれの分団の車両を使用するしかないようです。
海のはなし
2008/05/26 12:52
大吾パパさん、こんにちは
3の倍数でアホに?
そんな事は考えもしませんでした・笑

【ちなみに動画の分団は何位ですか?】
これはユーチューブで探した動画ですから
どこの県の何という分団か正確には分かりません。
ですから大会の順位結果が何位なのか分かりませんが
放水の所要時間は明らかにうちより早いです。
でも、八幡浜でこの演技なら…関係者さんには申し訳ありませんが
下位争いでしょうね。
先ず最初に整列してるでしょ?
指揮者が前に出て『集まれ』の号令でさらに前のラインに整列してますが
その際3番員と4番員の踵がラインからはみ出してます。
これでそれぞれー1点で、この段階で既にー2点となります。
海のはなしたちのチームもこんな所で減点はされませんから。
採点はこちらでは200点満点の減点方式です。
放水所要時間も基準時間より遅れると1秒ごとに1点のマイナスになります。
海のはなし
2008/05/26 13:44
一生懸命に訓練されたのに、残念でしたね。
でもマシーンが違いすぎるのでは、仕方ないですね。
審査員の方たちも、この団はなかなかできるな、と感じていたのではないでしょうか。
これからも地域防災にご尽力をお願いします。
お疲れ様でした。
カンツォーネ
2008/05/26 14:22
カンツォーネさん、こんにちは
はいしっかり練習しましたが、ここまで車両の違いが出るものかとがっくりでした。
副分団長の海のはなしが機関をやっていたので、団員の皆さんは「海のはなしさんでさえもあのタイムか…」と納得してくれますが、もし若手の団員に任せていたらその団員は責任感で涙を流してたかも…です。
今大会の演技終了後、ミスをした他の若手分団員があちこちで泣いていたんですよ。
今回は若手に嫌な思いをさせずに良かったと思います。
海のはなし
2008/05/26 16:48
ゼッケン4番応援してしまいました
ロボコップのような動きに思わず笑ってしまいましたが
後を読んで大変な訓練内容に反省・・全て時間との戦いなのですね
地域のために昼夜を問わずのご苦労ご努力頭が下がります
お疲れ様でした少しはゆっくりされてください
>1台3500万円以上
裏にはこんな事情もあるんですね
べじまき
2008/05/26 20:53
べじまきさん、こんばんは
動画のゼッケン4番は海のはなし自身ではありませんが、
応援ありがとうございます・笑

【思わず笑ってしまいましたが…】
いえいえ、笑ってもらって結構です!
消防団の中でも、この大会が実戦(本当の火災)でどれだけ有効か疑問視されてます。
また、この練習自体、団員やその家族にどれだけ負担になってるか取りざたされているのが現状です。
動きに関しては、一般の方なら不思議な動きに見えるでしょうね〜笑
本人達はこれでもかなり真剣で、指先の力の入れ具合、つま先の開き具合などいろいろ計算されているんですよ〜!
3500万円の車両は20年で償却されるとしても、毎年170万円以上になりますからね。
それをひとつの市で何十台も配備するとしたらとんでもない金額になります。
海のはなし
2008/05/26 21:09
へええ、こういう競技があるんですね。
実際の火災現場では、憂長に敬礼したり「どこそこに放水!」なんて言ってられないのでしょうが
型を体にしみこませておくという意味では、大切なんでしょうか。
うちの近くの消防団でもこういうのやってるんでしょうか?
車両の差で入賞できないなんて、悔しいですね。
競技だからいいけど、防災のためにも一刻も早く、新車両がほしいですね。
とにもかくにもおつかれさまでした。風邪はなおりきりましたか?養生してください。
ねこまっく
2008/05/26 23:03
ねこまっくさん、おはようございます
【実際の火災現場では…】
はい、実際の火災では現場まで移動する車両の中で
分団長・副分団長等が『火点までどのようにホースを延ばすか』
『誰をどこに配置するかという人員配置』等を団員に口頭で伝えます。
現場到着後いかに早く火点までホースを延ばすか!が大切です。
まぁ、団員の安全第一ですが。
ねこまっくさんのご近所に消防団があるのなら、
何年かに一度持ち回りで大会(予選から)があるはずです。
昨夕は干していたホースの片づけをしました。
その時も、『車両さえ良ければもっと上位だったのに…』と若手選手が残念がってました。
【風邪はなおりきりましたか?】
それが…まだねこまっくさんにお熱のようです…
海のはなし
2008/05/27 06:40
緊張感が漂ってきました〜。
お疲れ様です。
私ま近所の自衛隊の風景とダブって見てしまいました(^^ゞ
友人に消防員がいます。
やはり大変です。お体お気を付けて下さい〜。
こう言う大会って毎年有るものではないのですね…
心の叫びが聞こえます(^^ゞ
りん子
2008/05/27 15:05
これは競技でも、機械の性能で、勝負が決まってしまうのは、なんか虚しいですね。それに、競技じゃなく本当の火事の時に、お水が出ないなんてことになったら?なんて、思ってしまいました。その予算って、やっぱり自治体の予算ですか?消防団の予算は、一番に考えてもらわないと、地域の大事な仕事をになっているんですからね。
沙羅
2008/05/27 15:27
りん子さん、こんばんは
ご近所で自衛隊が訓練してるんですか?
消防団も縦社会の活動みたいなものですから
とても似ていると思いますよ。
消防署員と消防団員とではハードさは全く別物です。
火の中へ飛び込むことが出来無い消防団員と
飛び込まなければいけない署員とは知識も技量も格が違います。

大会は毎年あると思います。
ただ、それに毎年参加するのは分団員にかなりの負担となるので
何年かごとの持ち回りとなってます。
次回うちの分団に回ってくるのは3〜4年後だと思います。
海のはなし
2008/05/27 20:49
沙羅さん、こんばんは
海のはなしのチームが演技を披露する前に、
なん分団もがミスを連発してて
“これなら5位以内になれるかも!”思ってたんですが
最下位とは…でした。
車両が普通であれば5位以内にはなれてたと思います。

【本当の火事の時に、お水が出ないなんてことになったら…】
水が全く出ない事は無いんです。
出るのが極端に遅いのです。
でもその十秒の遅れが火に勢いを与えるかもしれませんが。

【その予算って、やっぱり自治体の予算ですか?】
国や県からの助成金が大きいのですが、
今年度は県からの助成金が大幅に削減されました。
その影響で新車両もなかなか配備されにくくなったり、
団員数の削減という動きさえ始まっています。
海のはなし
2008/05/27 21:06
すご〜い、動画に見入ってしまいました。
残念なのは海のはなしさんが小気味よく動く姿が見れなかったことですね。
それにしてもメリハリのある動きに驚きです。
一種の“型”みたいなもので、実際の火災の時にはこんな動きはないんでしょう?
おかさん
2008/05/28 21:36
動画じっくりみちゃいました!
4番が海のはなしさんと同じ動き。。とイメージしながら(笑)
動きは競技なんでしょうけど、一緒に競技を練習したりするコトで団結力を高めたり、万が一の災害のときも息をあわせやすくなるとう効果があるのでしょうか??
そして
車両って結構高いんですね。。
ビックリしました。
みりんだ
2008/05/29 00:55
海さん♪
ユーチューブの四番ばっかり見てました。
おんなじことをするんでしょう。
海さんもいろいろ出来るのね。最下位の9位だったの?残念。
いろんな競技があるのね。これからも頑張ってね。
縦に書こうと思ったけど出来なかった・・・。(笑)♪
ソナチネ
2008/05/29 01:08
おかさん、おはようございます
四国が入梅しました。
九州北部もしましたか?
【一種の“型”みたいなもので…】
それはそれは本当に細かく決められています。
踏み出す足は左から!
“気をつけ”の際の両手の中指はズボンの横の縫い目の上!
親指は伸ばさず、やや曲げ気味で人差し指にくっ付ける!
整列した時にかかとがラインからはみ出したりしてはダメ!
開いた足の角度は60度!
“整列休め”で両足を広げた際、そのかかとの間隔は25cm!
もちろん下を向いて直しは厳禁!
車両の乗車時にはドアの開け閉めは二段階!
〆る時の音は3人で揃えて一つの音にする!
車両に乗るまでにさえまだまだ細かく決められてます。
さらにこれだけの動作を団員が揃えなくてはいけません。

実際の火災時にはこんな動きはさすがににしませんよ。
最低この人数の倍位は集まりますから動きに余裕があります。
海のはなし
2008/05/29 07:56
みりんださん、おはようございます
4番員に注目していただきありがとうございます・笑
【一緒に競技を練習したりするコトで団結力を高めたり…】
はい、大会本番までに団結力はかなり高まります。
なんか、兄弟のような身内みたいな感覚になっちゃいますね。

【万が一の災害のときも…】
火災・水害時には各自自分の役割を自覚してますから
スムーズに動いてもらえます。
ただ、大地震時に関しては(海のはなしの予想では)
消防団では手に負えなく、おそらく機能出来ないと思います。

【車両って結構高いんですね。。】
海のはなしたちへ配備されてる車両が20年経ってて
放水までの時間がかかるのになかなか新車両が回ってこないのは
財政的な影響なのです。
今年の車検を済ました10日ほど後の火災訓練時、
少し早めに車両の点検をした海のはなしは焦りました。
バッテリーがあがってたのです。
団員のせいではなく、バッテリーの老朽化が原因でした。
いざという時に動けるのか少し不安になっちゃいました・笑
海のはなし
2008/05/29 08:26
ソナチネさん、おはようごさいます
縦に書こうと思われたんですか?笑
読み辛くならないように揃えるのがコツですね

みなさん、意外と身近な消防団の存在や活動をご存知
なかったり、操法大会にいたっては全くといっていいほ
ど知らないんですね〜
まぁ、身内で誰かが消防団に所属してないとねぇ…。田舎
だと昔からの『慣わし』などと結びつくような活動が今も
まだ続いてます。例えば正月飾りを燃やす『どんと焼き』
だとか…。それさえもダイオキシン問題で簡単に野焼きが
できなくなってきてますが。消防団の存在を知ってる方が
すくないせいか、新たに入団してくれる若者がいなくて
ねんちょうしゃばかりの年寄り集団になりつつあります・笑
海のはなし
2008/05/29 08:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
少しゆっくりできるかな 海のはなし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる